[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、149キロ返球 初回から見せた強肩に日米ファン熱狂「大好きだ」「さすが!」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は16日(日本時間17日)、敵地ナショナルズ戦に「4番・右翼」で出場。初回に強肩を披露し走者を一塁で刺すと、日米ファンを「セイヤが大好きだ」「誠也すげぇぞー!」と熱狂させている。

初回に補殺を決めるカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
初回に補殺を決めるカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

走者を刺した好スローとは

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は16日(日本時間17日)、敵地ナショナルズ戦に「4番・右翼」で出場。初回に強肩を披露し走者を一塁で刺すと、日米ファンを「セイヤが大好きだ」「誠也すげぇぞー!」と熱狂させている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 いきなり守備で魅せた。初回無死一塁。ジョーイ・メネセスが右打席から放った打球は右翼へ飛んだ。落下点に素早く入った鈴木は、捕球すると同時に一塁へ強烈な返球。P.J.ヒギンスの好捕球もあり、飛び出していた走者ビクター・ロブレスもアウトにしてダブルプレー。これにはカブスの先発ジャスティン・スティールも拳を突き上げて歓喜した。

 鈴木の強肩が唸りを上げた実際の動画をカブス公式ツイッターが公開。文面に「セイヤ・スペシャル!」と綴った投稿には、米ファンから「セイヤが大好きだ」「ロブレスの走塁には驚きだ」「よっしゃ」「セイヤ相手に走るなんて」と反響が寄せられたほか、日本人ファンからも「カープで培った抜け目ない守備」「誠也すげぇぞー!」「ランナー酷すぎるけど、これはさすが!」と歓喜の声が上がっていた。

 MLB公式サイトのカブス番ジョーダン・バスティアン記者も自身のツイッターで反応。動画を引用し、「スタットキャストによると鈴木の一塁へのスローは92.8マイル(約149.3キロ)。今季3番目の速度だ」と強肩を伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集