[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ17歳馬場咲希「本当に幸せです」 全米女子アマで日本人37年ぶりV王手

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権第6日が13日(日本時間14日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー準決勝で同じ17歳のベイリー・シューメーカー(米国)を7アンド6で破り、決勝に進出した。同大会では1985年に服部道子が高校2年で優勝を飾っており、日本勢37年ぶりの快挙にあと1勝。決勝は14日(日本時間15日)に36ホールでモネ・チャン(カナダ)と対戦する。両選手は来年の全米女子オープン出場権を獲得。優勝者は全英女子オープンの切符も手にする。

馬場咲希【写真:Getty Images】
馬場咲希【写真:Getty Images】

全米女子アマ選手権第6日

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権第6日が13日(日本時間14日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー準決勝で同じ17歳のベイリー・シューメーカー(米国)を7アンド6で破り、決勝に進出した。同大会では1985年に服部道子が高校2年で優勝を飾っており、日本勢37年ぶりの快挙にあと1勝。決勝は14日(日本時間15日)に36ホールでモネ・チャン(カナダ)と対戦する。両選手は来年の全米女子オープン出場権を獲得。優勝者は全英女子オープンの切符も手にする。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 身長175.3センチ、ドライバー平均飛距離270ヤードの馬場が、準決勝で圧勝して目標の一つを達成した。来年の全米女子オープン出場権獲得。その事実を知らされ、馬場は歓喜した。

「今年の全米女子オープンに出場できて、とても楽しかったです。来年はペブルビーチで開催されることも知っていたので、(出場権を獲得できて)本当に幸せです」

 USGAによると、同大会準決勝での7アンド6は、1992年にアニアカ・ソレンスタム(スウェーデン)が記録して以来の大差の勝利。マッチプレーになってから調子を上げている馬場は、準々決勝でも4アンド3と圧勝。決勝は36ホールだが、この日を12ホールで終えたことも快挙への好材料になりそうだ。

 全米女子アマは、全米ゴルフ協会(USGA)が主催する女子アマ最高峰に位置する大会。あらゆる国籍の選手が参加できる。第1回大会は男子の全米アマ、全米オープンと同じ1895年。開催されない年もあったが、今大会で122回目を迎えた。海外メジャーの全米女子オープンの第1回が1946年であることから、その歴史においても、優勝者が得る栄誉は大きい。

 日本勢の優勝は1985年大会の服部道子のみ。当時、馬場と同じ高2で一躍注目のゴルファーになった。服部は高校卒業後、テキサス大に留学。在学中の88年大会でも準決勝に進出した。2016年大会では、高3の畑岡奈紗が8強入り。準々決勝ではフィリピンの選手として出場していた笹生優花に1アップで敗れ、勝った笹生は準決勝で敗退した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集