[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴルフ世界1位が珍行動 同組選手のライン横切りに米メディア注目「不文律破った」

米男子ゴルフのプレーオフ第1戦、フェデックス・セントジュード選手権は11日、米テネシー州メンフィスのTPCサウスウインド(7243ヤード、パー70)で開幕。世界ランク1位のスコッティ・シェフラー(米国)は3バーディー、2ボギー、2ダブルボギーの1オーバーだった。12番でボギーを叩いた後、ラインを読む同組選手の目の前を横切る行動に米メディアが注目。「不文律破った」「アクシデントでも無いこと」と伝えている。

スコッティ・シェフラー【写真:ロイター】
スコッティ・シェフラー【写真:ロイター】

米男子ゴルフプレーオフ第1戦、セントジュード選手権初日でのワンシーン

 米男子ゴルフのプレーオフ第1戦、フェデックス・セントジュード選手権は11日、米テネシー州メンフィスのTPCサウスウインド(7243ヤード、パー70)で開幕。世界ランク1位のスコッティ・シェフラー(米国)は3バーディー、2ボギー、2ダブルボギーの1オーバーだった。12番でボギーを叩いた後、ラインを読む同組選手の目の前を横切る行動に米メディアが注目。「不文律破った」「アクシデントでも無いこと」と伝えている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 話題となったのは390ヤードの12番パー4だった。5打目を沈めてボギーとしたシェフラー。無表情でグリーンを歩く中、同組のキャメロン・スミス(オーストラリア)が、しゃがんでラインを読んでいるのに気づかなかったのか、目の前を無言で横切った。スミスも驚いたようにシェフラーを見上げていた。

 実際のシーンを米スポーツ専門局「FOXスポーツ」オーストラリア版公式ツイッターが公開。文面に「スコッティ・シェフラーはキャム・スミスを侮辱した?」と記した投稿に、海外ファンからは「そう思うね」「間違いない」「スミスのリアクションを見るに、そうだろうね」「スミスは侮辱を認めた後、集中し直した。スーパースターだ」とコメントが寄せられていた。

 米紙「USAトゥデー」のスポーツとエンタメの専門サイト「フォー・ザ・ウィン」は「スコッティ・シェフラーが初日にやったことについて、キャメロン・スミスは全く嬉しそうではなかった」との見出しで記事を掲載。「アクシデントだったのか? その可能性はあるが、通常プロはそんなことをやらない。アクシデントでさえも」と指摘した。

 米紙「ニューヨーク・ポスト」は「キャメロン・スミスのLIVゴルフの噂が強まる中、スコッティ・シェフラーが気まずい瞬間を過ごす」との見出しを打って記事を掲載。「ゴルフの不文律のひとつを破ったにもかかわらず、シェフラーは気まずいことなど何も起きなかったかのように続けた」と伝えた。しかし、13番でスミスがイーグルを沈めると、2人がハイタッチをしていた事も紹介していた。

 結局、スミスはこのパットを沈めてパーでしのぎ、1イーグル、4バーディー、3ボギーの67で回って3アンダー。首位と5打差の30位とした。シェフラーは、14番までに4オーバーまでスコアを落とすも、そのあと巻き返して71で回り、1オーバー86位で第1日をまとめた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集