[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強右腕デグロム、6年間で平均球速10kmアップに驚きの声「2025年には平均163kmだ」

米大リーグで現役最強右腕の一人とされるメッツのジェイコブ・デグロム投手が驚異の成長力を示した。MLB公式テレビ「MLBネットワーク」の公式ツイッターはデグロムのシーズンごとの平均球速データを紹介。6年前との比較で直球が10キロ近く速くなっていることが明らかになり、米ファンからは「冗談だろ?」「怪我から復帰したばかりだぞ」といった驚きの声が上がっている。

メッツのジェイコブ・デグロム【写真:ロイター】
メッツのジェイコブ・デグロム【写真:ロイター】

MLB公式テレビ「MLBネットワーク」がデータを紹介

 米大リーグで現役最強右腕の一人とされるメッツのジェイコブ・デグロム投手が驚異の成長力を示した。MLB公式テレビ「MLBネットワーク」の公式ツイッターはデグロムのシーズンごとの平均球速データを紹介。6年前との比較で直球が10キロ近く速くなっていることが明らかになり、米ファンからは「冗談だろ?」「怪我から復帰したばかりだぞ」といった驚きの声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 今回紹介されたデータは、デグロムの2016年シーズンから今シーズンの現時点までの直球とスライダーの平均球速。6年前の速球は93.3マイル(約150.15キロ)だったが、そこから95.1→95.9→96.9→98.6→99.2と右肩上がりで、今シーズンは99.4マイル(約160キロ)にアップしている。

 デグロムは最優秀防御率(1.70)のタイトルを手にした2018年と最多奪三振(255個)を記録した2019年にサイ・ヤング賞を獲得しているが、その時よりも球速は増している。さらに驚きなのは、2021年途中で右腕や肘の痛みを訴えて離脱し、今季は2日のナショナルズ戦で復帰したばかり。にもかかわらず、7日のブレーブス戦を含めた2試合の直球は、快投を続けていた昨季前半の数字を上回っている。

 直球だけでなくスライダーの球速もアップ。2016年は平均88.7マイル(約142.74キロ)だったが、今年は93.2マイル(約150キロ)まで上がっており、6年前の直球のスピードとほぼ同じだ。

 このデータを目の当たりにしたファンからは「待って、どういうこと?」「彼が人間だなんて冗談だろ?」「怪我から復帰したばかりだぞ?」「彼のスライダーは6年前の直球の速さに迫っているのか」など驚きの声が続出。さらには「2025年には直球101マイル(約162.54キロ)、スライダー95マイル(約152.88キロ)かな」「怪我をすると球速が上がるのか?」「熟成ワインかな?」など、さらなる球速アップを予想する声も上がっている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集