[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

欧州2歳G1で21年ぶりの衝撃 7馬身差Vの最強タッグに英興奮「ストライド凄い」

7日(日本時間8日)にアイルランドのカラ競馬場で行われた競馬の2歳G1フェニックスステークス(芝1207メートル、6頭立て=1頭取り消し)でライアン・ムーア騎手のリトルビッグベア(牡、オブライエン)が1分11秒27で完勝。中団から驚異の末脚を繰り出して2着馬に7馬身差をつけ、世代最初の2歳G1ウイナーとなった。英メディアは動画を公開。海外ファンからは「ロケット」「モンスター」といった興奮まじりの声が上がっている。

リトルビッグベア【写真:Getty Images】
リトルビッグベア【写真:Getty Images】

欧州2歳世代最初のG1フェニックスステークス

 7日(日本時間8日)にアイルランドのカラ競馬場で行われた競馬の2歳G1フェニックスステークス(芝1207メートル、6頭立て=1頭取り消し)でライアン・ムーア騎手のリトルビッグベア(牡、オブライエン)が1分11秒27で完勝。中団から驚異の末脚を繰り出して2着馬に7馬身差をつけ、世代最初の2歳G1ウイナーとなった。英メディアは動画を公開。海外ファンからは「ロケット」「モンスター」といった興奮まじりの声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 圧倒的な“豪脚”を披露した。ため逃げの手に出た単勝2番人気のリトルビッグベアは、ゴールまで残り300メートルの地点で名手ムーアがゴーサイン。豪快なアクションから追い出されると2番手以下をあっという間に突き放し、手前をきれいに変えながら末脚を伸ばしてゴールに飛び込んだ。2着のペルシアンホースにつけた着差は、短距離では驚異の7馬身。期待の新星が勝ち名乗りを上げた。

 このレース映像を英競馬番組「レーシングTV」の公式ツイッターが公開。ファンからは「まるでウサイン・ボルト」「信じられない走り」「息をのむほど素晴らしい」「ストライドが凄い」「マジでロケット」「あれはモンスター」といった称賛の声が上がった。ムーア&オブライエンという“欧州最強タッグ”による圧勝劇にファンも酔いしれた。

 英専門誌「レーシングポスト」の調べによると、フェニックスステークスで7馬身差の圧勝は21年ぶり。エイダン・オブライエン調教師のコメントも紹介し「彼より素晴らしい馬を私は知らない。アングルシーでのレースも素晴らしかったが、土曜は輝いていた」と称賛していた。過去にはロックオブジブラルタルやガリレオ、近年ではスノーフォールなどを育てた名トレーナーにとっても衝撃は大きかったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集