[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投打メジャー1位に躍り出た“異次元データ”に称賛の声「かっこいいぜ!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)の本拠地レンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場する。トレードに関する情報が多数出ている中で、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は2022年シーズンの大谷に関する異次元のデータを紹介。投手として最も奪三振率が高く、打者として最も敬遠数が多いという前代未聞の数字に、ファンからも「かっこいいぜ」といった声が上がっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

米スポーツ専門局「CBSスポーツ」が紹介

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)の本拠地レンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場する。トレードに関する情報が多数出ている中で、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は2022年シーズンの大谷に関する異次元のデータを紹介。投手として最も奪三振率が高く、打者として最も敬遠数が多いという前代未聞の数字に、ファンからも「かっこいいぜ」といった声が上がっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 今季も二刀流として不振のチームの中でも大車輪の活躍を見せている大谷。ベーブ・ルース以来となる「2桁勝利&2桁本塁打」の記録こそあと1勝のところで足踏みしているが、すでにここまで9勝、本塁打21本は驚異的な数字と言っていい。

 そんな大谷の凄さは細かい数字にも表れている。「CBSスポーツ」は前日29日までの記録として、大谷の奪三振率と打者として受けた敬遠数を紹介。今季の奪三振率は13.1で1位。以下はディラン・シーズ(ホワイトソックス)の12.5、シェーン・マクナラハン(レイズ)の11.8、コービン・バーンズ(ブルワーズ)11.6と続いている。

 敬遠数も大谷は9個でトップだ。7個で2位に並んでいるピート・アロンソ(メッツ)、ヨルダン・アルバレス(アストロズ)、ホセ・ラミレス(ガーディアンズ)。前後の打者などチーム事情にも左右されるものではあるが、名だたる大砲を凌駕している。

 これには日本人ファンから「かっこいいぜ、大谷さん!」と称賛のコメントが寄せられ、米ファンからも「OPS(出塁率と長打数の合計値)も驚異的」といった声が。トレードに関する報道が絶えないが、本来並び立たないはずのデータが大谷の凄さを物語っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集