[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平も頭を抱えて唖然 チャンス消滅のストライク判定に米怒り「なんだこれは」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発。7回の同点のチャンスでは味方が見逃し三振に倒れた。大谷を含むエンゼルス選手たちが頭を抱える微妙な判定。米記者は動画を公開した。

エンゼルスのフィル・ゴスリン【写真:Getty Images】
エンゼルスのフィル・ゴスリン【写真:Getty Images】

大谷翔平がレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発。7回の同点のチャンスでは味方が見逃し三振に倒れた。大谷を含むエンゼルス選手たちが頭を抱える微妙な判定。米記者は動画を公開した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 信じられないといった表情だった。1-2の7回2死二塁。エンゼルスのフィル・ゴスリンは低めの変化球に自信を持って見逃した。バットを放り投げ、一塁へ歩き出す。しかし、球審はストライクをコールした。ゴスリンは納得のいかない様子。二塁走者のアデルも頭を抱えた。

 ベンチの大谷も両手で頭を抱え、叫び声を上げていた。ナインとともに信じられずに唖然とした様子。微妙な判定の動画をツイッターに公開したMLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は、文面に「ゴスリンは7回を終わらせたカルロス・トーレス球審のこのストライク判定に同意せず」とつづった。

 米ファンからは「これは酷い」「冗談だろう」「なんだこれは」「なんて判定だ」と怒りの声が続出。日本人ファンからも「これはボールだよ」「ゴセリンもおこ」「この審判はTEXの味方ですか?」「これはキレていいよネビン監督」と擁護の声が上がった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集