[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

落下地点不明の“スタントン超え156m弾”に米衝撃 2Aで逸材発見に「これはたまげた」

米大リーグのマイナーで衝撃の512フィート(約156メートル)弾が誕生した。2Aで記録された落下地点不明の一発の瞬間を球団公式ツイッターが紹介。「未来のスターだ」「これはたまげた」とファンから驚きの声が上がっている。

レッズ傘下チャダヌーガのエリー・デラクルーズ【写真:Getty Images】
レッズ傘下チャダヌーガのエリー・デラクルーズ【写真:Getty Images】

レッズ傘下2Aデラクルーズが記録、トップカテゴリーのMLB最長を上回る

 米大リーグのマイナーで衝撃の512フィート(約156メートル)弾が誕生した。2Aで記録された落下地点不明の一発の瞬間を球団公式ツイッターが紹介。「未来のスターだ」「これはたまげた」とファンから驚きの声が上がっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 怪物スタントンを超える一発は28日(日本時間29日)に行われた2Aの試合で生まれた。レッズ傘下チャダヌーガの2番、左打者のエリー・デラクルーズ内野手はエンゼルス傘下トラッシュパンダズ戦の初回、右投手の緩い変化球を完璧に捉えた。ライト方向にすっ飛んでいった打球に、ネット裏から撮影していたカメラは追うことすらできず。“落下地点不明”の衝撃弾となった。

「このトッププロスペクトのマンモス弾が消え去った」と報じたMLB公式サイトによると、今季21号の推定飛距離は512フィート(約156メートル)。スタットキャストが計測を始めた2015年以降、最高カテゴリーのMLBで500フィート超えの本塁打は2本のみ。2019年のレンジャーズ(当時)ノマー・マザラの505フィート(約153.9メートル)、2016年にマーリンズ(当時)ジャンカルロ・スタントンの504フィート(約153.6メートル)で、それらを上回った。

 メジャーリーグ全体では、ダイヤモンドバックス傘下2Aソッドプードルズのレアンドロ・セデーニョが今月16日(同17日)に放った本塁打の527フィート(約161メートル)が最長飛距離とされるが、それにしても驚異であることに変わりはない。

 球団公式ツイッターが紹介した映像には「マジかよ」「未来のスターだ」「おぉぉ!」「特別な選手だ」「これはたまげた」「限界なしだね」「ちょっと待って」「球界最高のプロスペクトだ」と驚きの声が寄せられた。

 デラクルーズはドミニカ共和国出身で右投げ両打ちの20歳。「MLBパイプライン」ではレッズ2位、全体50位に挙がる有望株だ。遊撃手もこなし、高い身体能力で将来が嘱望されている。日本人からすれば、まだ無名かもしれないが、今から注目しておいて損はない存在だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集