[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平20号直後に珍事、グータッチで迎えた監督が抗議→退場 米記者「前の回から…」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ブレーブス戦に「1番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で後半戦1号となる20号ソロを放った。しかし、直後にフィル・ネビン監督代行が球審に詰め寄り、退場となる珍事が起きた。

ブレーブス戦の第3打席で20号ソロを放ち、ダイヤモンドを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ブレーブス戦の第3打席で20号ソロを放ち、ダイヤモンドを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷をグータッチで迎えた直後に球審に詰め寄る

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ブレーブス戦に「1番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で後半戦1号となる20号ソロを放った。しかし、直後にフィル・ネビン監督代行が球審に詰め寄り、退場となる珍事が起きた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 喜びより怒りの感情が上回っていた。1-7で迎えた5回1死、大谷は先発右腕カイル・ライトのチェンジアップを強振。超低弾道で右翼席に突き刺さる今季20号となった。しかし、驚きのシーンはこの後だった。生還した大谷をグータッチで迎えたネビン監督代行。直後に審判団に向かって厳しい表情で何か言葉を発した。その後、球審に詰め寄り、退場処分を受けた。

 MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は自身のツイッターで「フィル・ネビンは前の回からオースティン・ライリー(ブレーブス)のスイングに関する判定に納得いっていないようだった」と投稿。4回に2ランを放ったライリーの打席からの不満を爆発させたと推測。今季途中から監督代行を務めているが、早くも今季3度目の退場となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集