[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

175cm馬場咲希が予選1位通過 女子ゴルフ期待の17歳、父は「ピンチも多くてハラハラ」

全米女子ジュニアゴルフ選手権第2日が19日(日本時間20日)、米ケンタッキー州のザ・クラブアットオールドストーン(6484ヤード、パー73)で行われた。3アンダーの6位から出た馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は4バーディー、ボギーなしの69で回って通算7アンダーとし、ナタリー・ボー(米国)と並んで首位タイで予選を通過した。

全米女子ジュニアゴルフ選手権、首位タイで予選を通過した馬場咲希【写真:父・哲也さん提供】
全米女子ジュニアゴルフ選手権、首位タイで予選を通過した馬場咲希【写真:父・哲也さん提供】

175.3センチの長身、全米女子オープン49位で出場権獲得

 全米女子ジュニアゴルフ選手権第2日が19日(日本時間20日)、米ケンタッキー州のザ・クラブアットオールドストーン(6484ヤード、パー73)で行われた。3アンダーの6位から出た馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は4バーディー、ボギーなしの69で回って通算7アンダーとし、ナタリー・ボー(米国)と並んで首位タイで予選を通過した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 最終18番パー5。馬場は左の深いラフからの第3打をピン2メートルに寄せ、バーディーを奪った。そして、予選通過首位の選手に与えられるメダルを手にした。その後、インスタグラムを更新。「1位通過することができました」「2日間とも楽しかった。明日からのマッチプレーも頑張ります」「アメリカの大学に行きたくなっちゃった」などメッセージをつづった。

 175.3センチの長身を誇る馬場は今季から急成長。270ヤードのドライバーショットを放ち、アプローチ、パットも高いレベルにある。4月の全米女子オープン日本予選会(36ホール)をボギーなしの通算5アンダーで4位通過。6月の全米女子オープンでは通算9オーバーの49位だった。日本人アマ選手では同大会8年ぶりの予選通過で、今大会の出場権も手に入れた。

 同行している父・哲也さんは「今日はそれほど飛距離は出ていませんでしたが、リカバリーが良かったと思います。ただ、ピンチも多くてハラハラでした」と苦笑い。それでも、馬場自身は米国でのプレーを楽しみつつ、一打に集中しているようだ。

 馬場のほか、伊藤二花(麗澤高2年)は73で回って通算2アンダーとし、14位タイと上位で予選通過。昨年のオーガスタ女子アマを制した梶谷翼(たけべの森GC)は75とスコアを落とし、通算6オーバーで予選落ちした。同大会は2日間で51位タイまでに入った57人と、通算5オーバーの9人のうちプレーオフ(現地時間20日午前に実施)で勝った7人が、マッチプレー方式で行われる決勝ラウンドに進出する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集