[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の躍動に笑うしかなかった同僚投手 米実況席は大ウケ「ロレンゼンを見て!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投手としては6回4安打1失点12奪三振の力投となったが、打者としても2回に2点適時三塁打を放つ大車輪の活躍を見せると、地元中継局はエンゼルスのダグアウトに注目。スタンディングオベーションで称える同僚投手の姿に「笑うしかないですね」と伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

13日アストロズ戦で2点三塁打&9勝目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投手としては6回4安打1失点12奪三振の力投となったが、打者としても2回に2点適時三塁打を放つ大車輪の活躍を見せると、地元中継局はエンゼルスのダグアウトに注目。スタンディングオベーションで称える同僚投手の姿に「笑うしかないですね」と伝えている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 ノーラン・ライアン以来、球団2人目となる4試合連続の2ケタ奪三振とマウンド上で躍動した大谷だが、打席では勝負強さが光った。2回2死一、二塁の打席では相手先発ハビエルの96マイル(約154.5キロ)直球を引っ張り、右翼線への2点三塁打で自らを援護した。

 米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況は、大谷の適時打直後に「今季2度目の三塁打。彼のような存在は誰もいません。ユニコーンがまたやってのけました」と称賛。その後、大谷の一撃の瞬間、ダグアウトで子供のように大喜びする同僚の姿をリプレーで確認した。

「もう笑うしかありませんね。マイケル・ロレンゼンを見てください! 『どうやったらできるの?』といった表情ですよ」とエンゼルスOBの解説マーク・グビザ氏は反応。ロレンゼンは瞳を輝かせながら、スタンディングオベーションで大谷を称えていたが、驚嘆と喜びの入り混じった同僚投手の表情に地元放送局は大ウケしていた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集