[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

澤村拓一の1球が発端 抗議&退場したヤ軍監督に海外記者は同情 判定に「これは酷い」

米大リーグのレッドソックス・澤村拓一投手が10日(日本時間11日)、本拠地ヤンキース戦に3番手で登板。2イニング完全救援を演じたが、澤村が奪った見逃し三振への判定に抗議したヤンキースのアーロン・ブーン監督が退場になる場面があった。海外記者は物議を醸した打席の投球チャート図を公開。「ストライクは1球だけしか投げていない」などと振り返っている。

ヤンキース戦に3番手で登板した澤村拓一の奪三振を巡り、相手指揮官が退場処分に【写真:ロイター】
ヤンキース戦に3番手で登板した澤村拓一の奪三振を巡り、相手指揮官が退場処分に【写真:ロイター】

7回2死、スタントンが見逃し三振に倒れた際どい判定に猛抗議したブーン監督は退場

 米大リーグのレッドソックス・澤村拓一投手が10日(日本時間11日)、本拠地ヤンキース戦に3番手で登板。2イニング完全救援を演じたが、澤村が奪った見逃し三振への判定に抗議したヤンキースのアーロン・ブーン監督が退場になる場面があった。海外記者は物議を醸した打席の投球チャート図を公開。「ストライクは1球だけしか投げていない」などと振り返っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 レッドソックスが7-6リードで迎えた7回2死、カウント2-2と追い込んだ6球目。澤村は右打者スタントンに内角高めの速球を投げ込んだ。スタントンはやや上体を反るようにして見送ったが、球審は迷わずストライクをコールした。澤村にしてみればベストボールだったが、この判定にブーン監督はジェスチャーで猛抗議。退場宣告まで飛び出す騒動となっていた。

 カナダのスポーツ専門メディア「ザ・スコア」のブランドン・ワイル記者はこの打席の投球チャート図を自身のツイッターに公開。3球目と4球目も見逃しストライクの判定だったが、投球チャート上ではゾーンからは外れていると主張し、「サワムラはスタントンの打席で1球しかストライクを投げていない。これは酷い」と判定に異議を唱え、スタントンに同情した。

 コメント欄には「これは残酷」「この打席はマジで馬鹿げていた」などの声も寄せられている。ブーン監督の退場直後の7回裏にレッドソックスは4得点の猛攻。指揮官を欠いたヤンキースは6-11で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集