[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子バレー日本の“漫画みたいな一撃”が海外でも話題「センセーショナル」「超凄い」

バレーボールのネーションズリーグで、男子日本代表は6日のオーストラリア戦(丸善インテックアリーナ大阪)に3-1で勝利。通算7勝2敗として初のファイナル進出に王手をかけた。オーストラリア戦ではキャプテン石川祐希と西田有志による“漫画みたいな”一撃に欧州メディアも注目。「超凄い!」「これは素敵なセットじゃないか」と海外ファンからも驚きの声が上がった。

石川祐希(奥)と西田有志による“漫画みたいな”一撃に欧州メディアも注目(撮影は2021年)【写真:Getty Images】
石川祐希(奥)と西田有志による“漫画みたいな”一撃に欧州メディアも注目(撮影は2021年)【写真:Getty Images】

オーストラリア戦の攻撃が話題に

 バレーボールのネーションズリーグで、男子日本代表は6日のオーストラリア戦(丸善インテックアリーナ大阪)に3-1で勝利。通算7勝2敗として初のファイナル進出に王手をかけた。オーストラリア戦ではキャプテン石川祐希と西田有志による“漫画みたいな”一撃に欧州メディアも注目。「超凄い!」「これは素敵なセットじゃないか」と海外ファンからも驚きの声が上がった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 華麗な攻撃が決まったのは、2-0と日本がリードした第3セットだ。相手のサーブを拾ったところで、石川がバックアタックを試みるかのように勢いよく飛び上がる。しかし、これはフェイクだった。直前でトスに切り替え、待ち構えていた西田が強烈なスパイクを叩き込んだ。相手のブロックは石川の動きに引っ掛かり、西田はノーマーク。海外の実況席からも思わず笑いが漏れる攻撃だった。

 実際の映像をスイスのバレーボール専門メディア「バレーボール・ワールド」公式ツイッターが公開。「WOW! イシカワとニシダが再びやった!」と紹介すると、海外ファンからは「超凄い!」「センセーショナルだ!」「昨日の中で一番好きなポイントの一つ」「美しい」「またやった! フェイクスパイクはユウキとユウジの自慢の動きだ」「これは素敵なセットじゃないか」などと驚きの声が上がっていた。

 6月の試合でも石川のフェイクから得点が生まれており、ツイッター上には人気漫画「ハイキュー!!」の技に重ねた日本のファンも。「男子バレーボール、リアルハイキュー!?」「石川さんのフェイクトスからの西田っちのスパイク今年も炸裂、、、」「ハイキューはリアルだ」「ハイキュー!!みたいなプレイでた」などと投稿していた。日本は8日に対戦するカナダに勝てば、ファイナルラウンド進出が決まる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集