[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1走行コースに“座り込み抗議” 危険すぎる乱入者に海外非難「とんでもなく酷い」

3日に行われた自動車レースのF1第10戦イギリスGP決勝は、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)の優勝で幕を閉じた。レース中にはハプニングも発生。赤旗でマシンが減速する中、コースに活動家7人が侵入。座り込んだところを関係者に引きずり出される模様を海外メディアも報じている。

シルバーストン・サーキットで行われたF1イギリスGP【写真:Reuters】
シルバーストン・サーキットで行われたF1イギリスGP【写真:Reuters】

イギリスGP決勝に乱入者が出現

 3日にシルバーストン・サーキットで行われた自動車レースのF1第10戦イギリスGP決勝は、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)のF1初優勝で幕を閉じた。レース中にはハプニングも発生。赤旗でマシンが減速する中、コースに活動家7人が侵入。座り込んだところを関係者に引きずり出される模様を海外メディアも報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 まさかの出来事はスタート直後、多重クラッシュで赤旗が振られる中で生まれた。オレンジ色のシャツをまとった複数人がバリアを飛び越え、コース上に座り込んだのだ。各ドライバーは減速していたが、時に時速300キロを超える速度でマシンが通過するレースにおいては危険極まりない行為。関係者が急ぎ両脇を抱えて、コース外に引きずり出していた。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「イギリスGPで『ジャスト・ストップ・オイル』デモ隊が乱入」との見出しでこの出来事を紹介。座り込んだのは気候変動活動団体「ジャスト・ストップ・オイル」の7人で、逮捕されたとも報じた。

 ジャスト・ストップ・オイルの公式ツイッターアカウントには、この行為を非難する海外ユーザーから「バカバカしい」「寂しい人間だ」「とんでもなく酷いグループ」「信じられない」「異次元のバカ」「危険すぎる」「オーマイガー」などとコメントが集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集