[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也ランニング弾、渾身ハイタッチしたまさかの人物に反響「どさくさ紛れ(笑)」

カブスの鈴木誠也外野手が4日(日本時間5日)、敵地ブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場。39日ぶりのメジャー復帰戦で、9回に一時勝ち越しとなる5号ランニング本塁打を放つなど4打数2安打1打点と躍動した。日本のファンは、ホームイン直後の鈴木とハイタッチした“意外な人物”に注目。「渾身のハイタッチ笑」「メジャーのこういうところ好き」などと反応していた。

9回にランニング本塁打を放ち、ホームインするカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
9回にランニング本塁打を放ち、ホームインするカブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

ブルワーズ戦で39日ぶりに復帰

 カブスの鈴木誠也外野手が4日(日本時間5日)、敵地ブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場。39日ぶりのメジャー復帰戦で、9回に一時勝ち越しとなる5号ランニング本塁打を放つなど4打数2安打1打点と躍動した。日本のファンは、ホームイン直後の鈴木とハイタッチした“意外な人物”に注目。「渾身のハイタッチ笑」「メジャーのこういうところ好き」などと反応していた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 生還した鈴木を称えていた。1-1の同点で迎えた9回、相手の守護神ヘイダーから5号ランニング本塁打を放った鈴木。激走後、次の打者ホーナーと抱擁を交わしたが、そこにバットボーイが近づき、左手を差し出した。バットを拾いに向かう途中、祝福に向かったようだ。これに鈴木も激しめのタッチで応じていた。

 このシーンにツイッター上の日本人ファンも反応。「バットボーイと渾身のハイタッチ笑」「メジャーのこういうところ好き」「ハイタッチしてるのめちゃいい」「君! ボールボーイかよ!」「どさくさに紛れて何してんねん(笑)」「強めのハイタッチw」「激しめのハイタッチしてて草」などとコメントが集まっていた。

 鈴木の一打で勝ち越したカブスだったが、その裏に同点に追いつかれ、延長10回にサヨナラ3ランを浴びて2-5で敗戦。ただ、鈴木は7回にも右前打を放ってマルチ安打をマーク。復帰戦でいきなり結果を残した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集