[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トラウト、まさかの直近7打席連続三振で自分に怒り「明らかに少しイライラしている」

米大リーグ・エンゼルスの主砲マイク・トラウト外野手が2日(日本時間3日)、敵地の首位アストロズ戦で4打数4三振を喫した。前日から7打席連続三振となり、チームは1-9で2連敗。トラウトは「明らかに少しイライラしている」と自らへの怒りを口にしている。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:ロイター】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:ロイター】

トラウトが前日から7打席連続三振「まだ球宴前だ」

 米大リーグ・エンゼルスの主砲マイク・トラウト外野手が2日(日本時間3日)、敵地の首位アストロズ戦で4打数4三振を喫した。前日から7打席連続三振となり、チームは1-9で2連敗。トラウトは「明らかに少しイライラしている」と自らへの怒りを口にしている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2番・トラウトのバットが空を切った。相手先発ウルキディに対し、初回の第1打席は3球で空振り三振。3回の第2打席も高め直球を空振り、3球三振。5回の第3打席も3球で見逃し三振に終わると、8回の第4打席は初球のボールから空振り、空振り、見逃しで三振だった。

 前日の同カードでも3打席3三振。2試合連続でボールが前に飛ばず、MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者はツイッターでトラウトのコメントを紹介した。「ちょっと調子が悪い。明らかに少しイライラしている」と怒り。「でも、乗り越えられるだろう。構えが悪くなって、スイングが遅れている。下半身との連動に努めたい」と前を向いたようだ。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者も、ツイッターに「チームを好転させることは難しいことなのかについて問われたマイク・トラウト」とコメントを掲載。「まだ球宴前だ。たくさんの試合が残っている。明日で半分。俺は自信を持っている。みんな勝ちたいと思っているんだ」と語ったという。

 今季23本塁打で3番の大谷翔平とともに打線を牽引してきたが、長いシーズンで不調が続く時期はある。チームが低迷するだけに早期の復調が期待される。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集