[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、捕手との“イマドキ”なやりとりに米ファン虜「可愛すぎる」「MLBの顔だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。5回2/3を5安打無失点、11奪三振と力投し、今季7勝目をマークした。6月はこれで4勝目。マウンド上では気合の入った姿を見せたが、捕手とのふとしたやり取りにも米ファンから注目が集まり「MLBの顔。異論はなし」「完璧な男だ」などと反響が寄せられていた。

ホワイトソックス戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ホワイトソックス戦で7勝目&11Kをマーク

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。5回2/3を5安打無失点、11奪三振と力投し、今季7勝目をマークした。6月はこれで4勝目。マウンド上では気合の入った姿を見せたが、捕手とのふとしたやり取りにも米ファンから注目が集まり「MLBの顔。異論はなし」「完璧な男だ」などと反響が寄せられていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 気合の108球でホワイトソックス打線から11の三振を奪い、今季7勝目を記録した大谷。4回には今季最速タイの101マイル(約162.5キロ)をマークしたほか、スライダーやスプリットも投げ分けた。球数を要して6回途中で降板したものの、これで今シーズン100奪三振に到達した。

 4回満塁のピンチを凌いでマウンドで吠えるなど気合を見せたが、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は捕手スタッシーとのやり取りにも注目していた。バッテリー間でサインを伝達するピッチコムでやり取りをしているようで、大谷はまず首を振り、少し考えるような表情を見せた後、捕手の方へグラブを差し出して納得したように頷いている。

 フリードマン氏は「ショウヘイがピッチコムからサインを受けるのは必見」とつづり、ツイッターに実際の映像を公開。「可愛すぎるわ」「やることすべてが和ませる」「最も好感の持てる選手だね」「大好きよ」「一番可愛い選手ね」「MLBの顔。異論はなし」「完璧な男だ」などと米ファンも大谷の豊かな表情に虜となっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集