[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米OPで怒りのクラブ投げ&破壊 大暴れの選手に米皮肉「ゴルフ史に残るクラブ投げ」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーの海外メジャー第3戦・全米オープンで米国選手が見せた大暴れに注目が集まっている。19日(日本時間20日)に米マサチューセッツ州ザ・カントリークラブで行われた最終日。この日だけで10オーバーを叩いたグレイソン・マレー(米国)は、イライラからクラブをグリーンの外にぶん投げたり、真っ二つにへし折ったり大荒れだった。米メディアは怒りの動画を公開。「正気を失う」「ゴルフ史に残るクラブ投げだった」と報じた。

全米オープンに参加したグレイソン・マレー【写真:Getty Images】
全米オープンに参加したグレイソン・マレー【写真:Getty Images】

マレーの行動に米メディア注目「ゴルフ史に残るクラブ投げだった」

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーの海外メジャー第3戦・全米オープンで米国選手が見せた大暴れに注目が集まっている。19日(日本時間20日)に米マサチューセッツ州ザ・カントリークラブで行われた最終日。この日だけで10オーバーを叩いたグレイソン・マレー(米国)は、イライラからクラブをグリーンの外にぶん投げたり、真っ二つにへし折ったり大荒れだった。米メディアは怒りの動画を公開。「正気を失う」「ゴルフ史に残るクラブ投げだった」と報じた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 我慢が限界に達した。385ヤードの7番パー4。第2打をグリーン奥に外し、ラフにつかまった。アプローチに手間を要し、結果的にこのホールはクアドラプルボギー(+4)。カップから球を拾い上げた直後、怒りを露わにした。ピッチャーのようにパターをグリーン外に放り投げる。503ヤードの10番パー4では、残り196ヤードのフェアウェーから放った2打目がグリーン左のラフへ。打球を見届けると、クラブを膝で真っ二つに破壊した。

 米専門メディア「ゴルフ.com」公式ツイッターは、文面に「グレイソン・マレーは自身のクラブに不満」と記して動画を公開。米地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「全米オープンで正気を失い、パターを投げ、膝でクラブを折る」との見出しで記事を掲載し、「怒りから、膝でクラブを折り曲げた」と伝えた。

 米専門サイト「ゴルフウィーク.com」も「ゴルフ史に残るクラブ投げ」「バッグが軽くなり、キャディーは幸せだっただろう」と皮肉交じりに紹介。米専門局「ゴルフチャンネル」は「腹を立て、パターを投げ、アイアンを折る」と記事を掲載。「全米オープンは全選手の忍耐力を試す。日曜、その忍耐力が音を上げることもある」とコースの難しさも指摘していた。

 10番でボギーを叩いたマレーはその後もスコアを2つ落とし、この日だけで10オーバー。通算18オーバーの63位で大会を終えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集