[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、冴える“急降下スプリット”で奪三振 15連敗阻止へ米注目「不公平な球だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッドソックス戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。初回のマウンドは3者凡退と良い立ち上がりを見せた。落差の大きなスプリットで空振り三振を奪ったシーンに米国の著名な投球分析家が注目。米ファンからも「エグすぎ」「膝がから崩れ落ちたよ」などとコメントが集まっている。

レッドソックス戦、1回のマウンドに上がった大谷翔平【写真:ロイター】
レッドソックス戦、1回のマウンドに上がった大谷翔平【写真:ロイター】

レッドソックス戦に「2番・投手兼DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッドソックス戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。初回のマウンドは3者凡退と良い立ち上がりを見せた。落差の大きなスプリットで空振り三振を奪ったシーンに米国の著名な投球分析家が注目。米ファンからも「エグすぎ」「膝がから崩れ落ちたよ」などとコメントが集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 15連敗阻止へ、投手・大谷がいいスタートを切った。初回先頭のアローヨを2球で左飛に打ち取ると、2番ディバースは宝刀スプリットで抑えた。2球目にボールゾーンへストンと落ちる89マイル(約143.2キロ)で空振りを奪うと、1-2からの4球目も落とした。今度は左打者の外角へ逃げるような軌道で空振り三振。初回は3者凡退に封じた。

 今季はあまりスプリットの調子が良くない試合もあったが、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は「ショウヘイ・オオタニの不公平なスプリット」とツイッターにつづり、この2球に注目。早速米ファンからは「エグすぎ」「彼のスプリットが恋しかったんだよ」「ショウヘイが支配する木曜日だ」「膝がから崩れ落ちたよ」などとコメントが集まり、日本語でも「スプリットおかえり」と反応があった。

 エンゼルスはこの試合まで球団ワーストの14連敗中。連敗脱出へ、投打に大谷の活躍が期待される。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集