[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

B1東地区4位から下剋上 外国籍“3番手”の成長を導いた、宇都宮に根づく「勝者の文化」

東地区4位からのB1チャンピオンシップ(CS)決勝進出だ。バスケットボールB1リーグの宇都宮ブレックスは、東地区1位・千葉ジェッツ、東地区2位・川崎ブレイブサンダースをいずれも2連勝で退けて、西地区王者・琉球ゴールデンキングスとのファイナルに臨む。

宇都宮の外国籍選手で3番手扱いだったチェイス・フィーラーだが、CS準決勝・川崎戦では2戦ともに輝きを放った【写真:B.LEAGUE】
宇都宮の外国籍選手で3番手扱いだったチェイス・フィーラーだが、CS準決勝・川崎戦では2戦ともに輝きを放った【写真:B.LEAGUE】

宇都宮が川崎に2連勝、2年連続でCSファイナルへ進出

 東地区4位からのB1チャンピオンシップ(CS)決勝進出だ。バスケットボールB1リーグの宇都宮ブレックスは、東地区1位・千葉ジェッツ、東地区2位・川崎ブレイブサンダースをいずれも2連勝で退けて、西地区王者・琉球ゴールデンキングスとのファイナルに臨む。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 宇都宮は昨シーズンのB1準優勝チームだが、今季の下馬評は決して高くなかった。ライアン・ロシター(→アルバルク東京)、ジェフ・ギブス(→長崎ヴェルカ)、LJ・ピーク(→熊本ヴォルターズ)が他クラブに移籍したことで、チーム作りがリセットされていたからだ。今季の宇都宮には他のCS出場チームのような強力な帰化選手、アジア特別枠の選手はいない(※アジア特別枠のブランドン・ジャワトはシーズン終了を待たず契約を解除されている)。失礼を承知で言い切ると、戦力の「足し算」は昨季と比べてかなりマイナスだった。

 2021-22シーズンの開幕は群馬クレインサンダーズとの対戦だったが、B1初挑戦の相手に連敗を喫する厳しいスタートだった。

 開幕戦で目を覆ったのは、新加入の外国籍選手チェイス・フィーラーのパフォーマンスだった。フィールドゴール成功率は10月1日の初戦は25%、第2戦は22.2%と低調で、ゴール下で相手に競られるとシュートの決まる気配がなかった。パワーフォワードとしては非力で、ウイングが務まるような打開力もあるようには見えなかった。

 開幕から40日ほどが過ぎた大阪エヴェッサ戦の試合後、安齋竜三ヘッドコーチ(HC)にフィーラーの起用について聞いてみた。指揮官はこう説明していた。

「チェイス自身もかなり悩みながらやっていると思うけれど、その中で見えてきている部分もある。3番と4番の両方で使いたい選手なので、まずそのどこでアドバンテージを出せるかというところ。本人もそうだし、僕やチームがどう使うかにも成長していく部分がある」

 5月21日と22日のCS準決勝・川崎戦では、その彼が“成長”を示し、アドバンテージを発揮していた。特に第1戦(83-70)は18得点、7リバウンド、3アシスト、2スティールで勝利の立役者となった。第2戦(77-73)も12得点、9リバウンドを記録している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集