[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一発退場のNBA選手、スキップで煽る一部始終に米賛否「馬鹿げている」「良識的な判定」

米プロバスケットボール(NBA)は現在プレーオフの地区準決勝シリーズが行われている。ウォリアーズは1日(日本時間2日)のグリズリーズ戦で、ドレイモンド・グリーンが退場に。敵地の観客を煽るようにした後、スキップでコートを去っていた実際のシーンには「正しい判定」「退場まではいかない」と米ファンから賛否の声が上がっている。

退場を宣告され、リアクションするウォリアーズのドレイモンド・グリーン【写真:AP】
退場を宣告され、リアクションするウォリアーズのドレイモンド・グリーン【写真:AP】

ウォリアーズのグリーンが退場に

 米プロバスケットボール(NBA)は現在プレーオフの地区準決勝シリーズが行われている。ウォリアーズは1日(日本時間2日)のグリズリーズ戦で、ドレイモンド・グリーンが退場に。敵地の観客を煽るようにした後、スキップでコートを去っていた実際のシーンには「正しい判定」「退場まではいかない」と米ファンから賛否の声が上がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 判定に納得できなかった。第2クオーター残り1分18秒、グリーンは相手のブランドン・クラークのシュートを阻止しようとした際、コートに突き落とすようにしてユニホームを引っ張ってしまった。これが悪質なファウルと見なされ、グリーンは退場処分となってしまった。

 不服を露わにしたグリーンは、なぜか飛び跳ねるようにして自軍のベンチへ。メンバーとタッチをかわした後、両手を上げて、敵地にいるファンを煽るような仕草をした。当然ブーイングが降り注がれるがお構いなし。最後はスキップをしてコートを去っていった。

 米紙「USAトゥデー」は「ウォリアーズのスター選手、ドレイモンド・グリーンが退場に」との見出しでこの事象を記事で伝えた。判定については「1つ目のフレグラント・ファウルだったが、フレグラント・ファウル2にアップグレードされ、自動的に退場となった」などと説明。「(同僚の)カリーは納得のいかない表情を見せ、グリーンはグリズリーズを挑発してから、コートを去った」と描写している。

 実際の映像を公開した米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式インスタグラムには賛否の声が集まり、「正しい判定だ」「彼は正しくない行為をやっていたわけだから」「良識的な判定」「馬鹿げた判定」「審判はグリズリーズのユニを着ていた」「フレグラント2まではいかない」「退場まではいかなくていい」などと書き込まれていた。

「USAトゥデー」の記事では「グリーンは『なんのための判定なのかよくわからない』と話し、掴んだことに気付いてからはクラークの着地を和らげようとしていたことを明かした」とも記されている。なおハーフ終了時点で55-61とリードされたウォリアーズだったが、最後は117-116と1点差で勝利。敵地での初戦で貴重な1勝を掴んでいる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集