[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、120年で3人目の記録達成 同僚主砲も驚く存在感「毎打席、塁にいるよな」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が19日(日本時間20日)、本拠地レイズ戦に「2番・右翼」で先発し、1打数無安打3四球でデビューから11試合連続出塁に伸ばした。デビューからの連続試合安打は「9」で止まったが、メジャートップの出塁率.581をマーク。米地元放送局「NBCスポーツ・シカゴ」は同僚、監督らが実力を認める証言を報じた。

11試合連続出塁の鈴木誠也【写真:ロイター】
11試合連続出塁の鈴木誠也【写真:ロイター】

鈴木誠也が11試合連続出塁、メジャートップの出塁率

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が19日(日本時間20日)、本拠地レイズ戦に「2番・右翼」で先発し、1打数無安打3四球でデビューから11試合連続出塁に伸ばした。デビューからの連続試合安打は「9」で止まったが、メジャートップの出塁率.581をマーク。米地元放送局「NBCスポーツ・シカゴ」は同僚、監督らが実力を認める証言を報じた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 同局は「記録は途切れたが、スズキは新しい打順で印象に残る活躍」の見出しで記事を掲載。常に塁に出ている印象からなのか、「『彼の出塁率は? 8割くらいか? 毎打席出塁しているじゃないか』と、カブスの外野手イアン・ハップは火曜の試合後に話した」と驚いた様子の同僚主砲のコメントを紹介し、こうつづけた。

「おそらく8割はない。さすがに毎回は打てない。でも、そういうイメージがあるのも頷ける」

 この日もファウルで粘りながら3四球。いずれも得点には繋がらなかったが、打たなくても存在感を見せた。記事内では、デビット・ロス監督が「最適な打順だと思う」「安打をどこにでも打てる。後ろの打者に繋ぐために出塁ができる」「彼は4番から6番で多くの成功を収めた。だから、少しだけ打順を繰り上げた」と試合前に語った内容を伝えた。

 出塁率.581は規定打席に到達している打者でメジャートップ。「スズキはデビューから11試合連続出塁となった。チームの発表によると、1958年のトニー・テイラー、1902年のアート・ウイリアムズに並ぶ最長記録となっている」。過去120年で3人目の記録だという。

 記事によると、ジェド・ホイヤー球団編成本部長も「彼がやっていることは素晴らしいこと」と絶賛。「長いシーズンだ。山あり谷ありかもしれないが、それでも彼がカブスの一員であることに興奮している」「彼は私たちの期待を超えている」と称賛したという。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集