[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

試合中に相手打者を指導 ヒットを打たせた少年捕手が米国で話題「最も心温まる映像」

大リーグ(MLB)で盛り上がっている米国で、少年野球の感動的なシーンが大きな話題を呼んでいる。試合中、全く打てる様子のなかった打席のちびっ子に、同年代の相手捕手が指導。その直後の投球で見事にヒットを放った。米レポーターが実際の映像を紹介すると、「これのすべてが最高」「スポーツマンシップはまだ生きている!」などとコメントが集まるなど、340万回以上再生される大反響となっている。

少年野球の感動的なシーンが大きな話題を呼んでいる
少年野球の感動的なシーンが大きな話題を呼んでいる

少年野球でのワンシーンが340万再生の大反響

 大リーグ(MLB)で盛り上がっている米国で、少年野球の感動的なシーンが大きな話題を呼んでいる。試合中、全く打てる様子のなかった打席のちびっ子に、同年代の相手捕手が指導。その直後の投球で見事にヒットを放った。米レポーターが実際の映像を紹介すると、「これのすべてが最高」「スポーツマンシップはまだ生きている!」などとコメントが集まるなど、340万回以上再生される大反響となっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 心温まるシーンだ。打席に立った白いユニホームの少年。まだぎこちないスイングのため、打てる気配がない。2球空振りが続いた直後だった。キャッチャーを務めていた相手の少年が近寄り、バットと腕を触りながら指導した。このおかげか、次の投球を見事に捉えると、打球は三塁方向へ。見事ヒットとなり、一塁を駆け抜けた。

 勝ち負けだけではないスポーツの大切さを教えられるようなシーン。米ネットメディア「ウイスキー・リフ」は「リトルリーグの捕手が苦しんでいる打者を助ける。今週最も心温まる映像」と見出しを打って記事を掲載した。

 記事では「アベリーという名の子どもが打席で少し苦しんでいるように見えた。彼の家族はバットを短く持ってと助言を送っているが、聞こえていない」「しかし、相手チームの捕手が彼を手助けしたのである」と状況を説明。「捕手は立ち上がって、アベリーのバットを持つ位置などを修正した」「次の球で三塁方向へゴロを放ち、単打を放った。彼の家族も大喜びである」と紹介した。

 また米カリフォルニア州地元放送局「KEYT-TV」のレポーター、リード・ハーマン氏が実際の映像をツイッターに公開。「これこそが全て」と紹介すると、動画は340万再生を超える大反響に。「スポーツマンシップはまだ生きている!」「いい少年だね」「胸がいっぱい」「このすべてが最高」「もう1000回は見た!」「捕手は生まれながらのリーダーだね」などと米国のユーザーからのコメントが相次いでいた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集