[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打率.429の鈴木誠也、100億円契約に違わぬ実力に指揮官は絶賛「彼の前で物事は簡単」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦に渡米後初の「4番・右翼」で先発出場。3打数2安打1死球、2得点の活躍でチームの4-2の勝利に貢献した。3度目のマルチ安打で打率は.429。試合前にはナ・リーグの週間MVPに選ばれた。活躍を続ける鈴木について、指揮官は「彼の前では物事は簡単に流れている」などと厚い信頼を口にしている。

カブスの鈴木誠也【写真:AP】
カブスの鈴木誠也【写真:AP】

レイズ戦で今季3度目マルチ

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は18日(日本時間19日)、本拠地レイズ戦に渡米後初の「4番・右翼」で先発出場。3打数2安打1死球、2得点の活躍でチームの4-2の勝利に貢献した。3度目のマルチ安打で打率は.429。試合前にはナ・リーグの週間MVPに選ばれた。活躍を続ける鈴木について、指揮官は「彼の前では物事は簡単に流れている」などと厚い信頼を口にしている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 初の4番での出場となった鈴木。4回に左前打を放ち、二塁へ滑り込みセーフかと思われたが、ベースを離れてしまいアウトとなった。それでも2-2と同点の7回に死球で出塁して勝ち越しのホームを踏むと、8回2死の第4打席では低めのシンカーを上手く拾って右前へ。今季3度目のマルチ安打を記録した。

 地元紙「シカゴ・トリビューン」は、試合後のデビッド・ロス監督が鈴木について語った内容を伝えている。「彼は安定した選手だ。自信をもって打席に立っている」と開幕から安打を打ち続けている鈴木を評価した。

「彼は自分の仕事を遂行している。ハードワーカーで素晴らしいチームメイト。彼の前では物事は簡単に流れている」「彼が順調に過ごして、成功を収めていることは私にとっても幸せ」とMLB移籍1年目からいきなりの仕事ぶりに目を細めている様子だ。

 鈴木はカブスと5年総額8500万ドル(約100億円)という大型契約を結んだとされる。「大きな期待をして彼を獲得した」と実力を見込むロス監督は「世界最高峰の投手たちを相手に戸惑うこともあるだろう。どの選手も経験してきた。しかし彼は最高のスタートを切って、感銘を受けている」と、メジャーの一線級を相手にして既に4本塁打を放っている27歳を褒め称えていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集