[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、仲良し相手選手と芝生でじゃれ合い 米話題「嫉妬する」「コールはいい奴」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・DH」で出場。第1打席に内野安打を放って7戦連続安打を記録するなど、5打数1安打1打点だった。このカードでは、かつての同僚と球場芝生の上でじゃれ合うシーンも。ほのぼのとするやりとりには「コールはイイやつ」「嫉妬しちゃう」などと米ファンの間でも話題になった。

敵地レンジャーズ戦に「1番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
敵地レンジャーズ戦に「1番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

カルフーンに抱き着かれた大谷は…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・DH」で出場。第1打席に内野安打を放って7戦連続安打を記録するなど、5打数1安打1打点だった。このカードでは、かつての同僚と球場芝生の上でじゃれ合うシーンも。ほのぼのとするやりとりには「コールはイイやつ」「嫉妬しちゃう」などと米ファンの間でも話題になった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が試合前のグラウンドで交流していたのは、レンジャーズのコール・カルフーン外野手だった。19年までエンゼルスに在籍した34歳。大谷とも2シーズンを共にしており、大谷がMLB第1号を放った場内インタビューの時、背後から氷水を浴びせかけた選手としても知られる。

 試合前、対面したカルフーンはハグを交わした大谷を掴んで離さず、何か言葉を浴びせながら体を押している。カルフーンより頭一つ分大きい大谷だったが、笑顔を見せながら後退するほかなかった。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式ツイッターは「コール・カルフーンがショウヘイ・オオタニいじり」と文面に記して実際の映像を投稿。米ファンからは「嫉妬しちゃうけど彼が嬉しそうで良かった!」「これ超かわいいね!」「コールが恋しい」「みんなオオタニのことが大好き」「コールはイイやつ」などとコメントが集まった。

 このカードで今季初本塁打を含む3本塁打を放った大谷。4連戦の最終戦もエンゼルスが8-3で勝利。3連勝に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集