[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、完全復活を呼んだまさかの復調方法 「効果あったじゃないか!」と米話題

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、2試合連続3号2ランを放つなど5打数2安打3打点で7-2の勝利に貢献した。自己ワーストの開幕7戦、30打席ノーアーチから完全復活。12日にはバットに“心肺蘇生法”を試みる動画が話題を呼んでいたが、米テレビ局では以降の驚異的な回復ぶりに注目した。

2試合連発となる3号本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
2試合連発となる3号本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

蘇った大谷翔平、まさかの要因に米注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「1番・指名打者」で先発し、2試合連続3号2ランを放つなど5打数2安打3打点で7-2の勝利に貢献した。自己ワーストの開幕7戦、30打席ノーアーチから完全復活。12日にはバットに“心肺蘇生法”を試みる動画が話題を呼んでいたが、米テレビ局では以降の驚異的な回復ぶりに注目した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 昨季MVPが完全復活だ。4-2の8回2死二塁。大谷は初球の真ん中低めカーブを巧みにすくい上げた。ライナー性の打球は右中間フェンスを越える圧巻の3号2ラン。MLB公式サイトによると、打球速度108マイル(約173.8キロ)だった。

 実は自らを“蘇生”させていたことが話題になっている。米放送局「FOXスポーツ」のMLB公式ツイッターは、1本の動画を公開。大谷が12日の本拠地マーリンズ戦のベンチ内でバットに“心臓マッサージ”をしていたシーンだ。今季自己ワーストの開幕7戦、30打席ノーアーチとスロースタート中に見せた行動。満面の笑みに反響が集まっていたが、同アカウントは今回の投稿でこう記した。

「自分のバットに心肺蘇生を施して以来のオオタニ。打率.333、3本塁打、6打点」

 なんと4試合で18打数6安打と蘇った二刀流。これには米ファンも「CPR(心肺蘇生法)が効いている」「効果あったじゃないか!」「彼の心肺蘇生法は目覚ましい効き目があった」「爆笑だ」とすかさず反応していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集