[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也は「相手に恐怖をもたらすよ」 2ケタ勝利4度の同僚絶賛「3、4番で活躍する」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は10日(日本時間11日)、本拠地ブルワーズ戦に「5番・右翼」で先発出場。初回にメジャー第1号となる3点本塁打を放つなど、3打数1安打3打点1四球だった。この試合で先発した同僚右腕、マーカス・ストローマンは鈴木について「今後数年間、3番か4番で活躍できる」と太鼓判を押した。米地元局が伝えている。

カブスの鈴木誠也【写真:AP】
カブスの鈴木誠也【写真:AP】

開幕シリーズで鈴木は打率.375、1本塁打、6打点

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は10日(日本時間11日)、本拠地ブルワーズ戦に「5番・右翼」で先発出場。初回にメジャー第1号となる3点本塁打を放つなど、3打数1安打3打点1四球だった。この試合で先発した同僚右腕、マーカス・ストローマンは鈴木について「今後数年間、3番か4番で活躍できる」と太鼓判を押した。米地元局が伝えている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 鮮烈な開幕シリーズだった。鈴木は開幕戦でいきなり初安打を放つと、2戦目では3打点の活躍。そして3戦目に初本塁打を放った。3試合で打率.375、6打点という上々のスタート。カブスファンのハートをしっかり掴んだ。

 カブスの開幕シリーズを振り返ったのは米地元局「NBCスポーツ・シカゴ」。鈴木の活躍にも触れた。日本人ルーキーは3試合で57球を投じられたが、空振りしたのはわずか1球、13打席で4四球を選んだというデータを紹介し、背番号27の対応力に注目した。

 同局は10日(同11日)の試合に先発したストローマンの談話も紹介。2017年WBC米国代表としてもプレーし、過去4度の2ケタ勝利を達成している右腕は鈴木に対して「彼は相手投手陣に恐怖をもたらす」「今後数年間、3番か4番で活躍できる」と絶賛したという。

 11日(同12日)は試合のなかったカブス。12日(同13日)から筒香嘉智の所属するパイレーツと敵地で対戦する。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集