[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴロフキンのプロモーターを独占直撃 GGG証言「ムラタならもう一度世界王者になれる」

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦が、9日にさいたまスーパーアリーナで開催され、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)がWBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)に9回TKO勝ち。王座統一を果たした(IBFは2度目の防衛)。ゴロフキンのプロモーターのトム・ロフラー氏は、会場で「THE ANSWER」の単独取材に応じ、6回までは3-3で両者互角という自己採点を披露。ゴロフキンが村田の2度目の世界王者返り咲きに太鼓判を押したと明かした。

ゲンナジー・ゴロフキン(左)は激闘を繰り広げた村田諒太を称賛した【写真:荒川祐史】
ゲンナジー・ゴロフキン(左)は激闘を繰り広げた村田諒太を称賛した【写真:荒川祐史】

単独取材に応じた大物プロモーター、ロフラー氏「2人の王者による最高の戦い」

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級(72.5キロ以下)王座統一戦が、9日にさいたまスーパーアリーナで開催され、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)がWBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)に9回TKO勝ち。王座統一を果たした(IBFは2度目の防衛)。ゴロフキンのプロモーターのトム・ロフラー氏は、会場で「THE ANSWER」の単独取材に応じ、6回までは3-3で両者互角という自己採点を披露。ゴロフキンが村田の2度目の世界王者返り咲きに太鼓判を押したと明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 元世界ヘビー級王者のウクライナの英雄、ビタリ現キーウ(キエフ)市長とウラジミールのクリチコ兄弟らを顧客に抱えた大物プロモーターのロフラー氏は「ビッグ・ドラマ・イン・ジャパン」と銘を打った統一戦をリングサイドから見守った。試合後に取材に応じ、試合を振り返った。

「偉大な試合でした。2人の王者による最高の戦いです。ムラタは素晴らしい戦いぶりを見せたと思います。トリプルジー(GGG=ゴロフキンの愛称)のボディーに狙いを定め、多大なダメージを与えました。序盤は完全に拮抗していたと個人的には思います。最初の6ラウンドは私の採点では3-3でした」

 試合後に公開されたスコアシートではゴロフキンの「59-55、58-56、57-57」と割れたが、ゴロフキン陣営も前半戦は完全互角と分析。その上で「中盤からGGGが村田を圧倒したと言えるでしょう」と明かした。

「ムラタのマウスピースも飛んだぐらいですから。6ラウンドからギアを上げて、最後はしっかりと仕留めた形になりました。新型コロナウイルスの影響で、試合間隔は14か月空きました。GGGも40歳になりました。序盤は少しサビもありましたが、それでもリング上では素晴らしい。最後に彼の偉大さを示しました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集