[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「今や球数を要さなくても…」 大谷翔平、マドン監督が指摘した「去年との違い」とは

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地アストロズ戦で「1番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン出場した。打席では4打数無安打に終わったが、投げては4回2/3で1失点、9奪三振だった。エンゼルスのジョー・マドン監督は、大谷の直球に去年からの成長を感じているようだ。米メディアが報じている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

指揮官は大谷の直球の進化に注目

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地アストロズ戦で「1番・投手兼DH」のリアル二刀流でスタメン出場した。打席では4打数無安打に終わったが、投げては4回2/3で1失点、9奪三振だった。エンゼルスのジョー・マドン監督は、大谷の直球に去年からの成長を感じているようだ。米メディアが報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 メジャーで初の開幕投手を務めた大谷。プレーボール直後の第1球は160キロを記録するなど、球は走っていた。アストロズの強打者・アルトゥーベに対しては3打席連続三振。降板するまで力強い奪三振ショーを見せていた。

 米スポーツ専門局「ESPN」はマドン監督のインタビューを掲載。背番号17の昨季からの成長をこう言及している。

「直球のコマンド力がついてきている。それが去年との違いだ」「97マイル(約156キロ)から99マイル(約159キロ)が多かっただろ? 昨季の試合では、序盤にそこまで速い球が出ていなかった。今やそんなに球数を要さなくても速い球を投げられている」

 去年から直球に磨きがかかっているという大谷。チームは1-3で敗れ、初黒星を喫したものの、過去に例のない「1番・投手兼DH」という歴史的マウンドに立った。進化した27歳に指揮官は大きな期待を寄せている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集