[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バド最強日本女子が世界一宣言 渦中の「フクヒロ」が複エース「2人で楽しみながら」

トマス杯に出場する日本代表メンバー【写真:平野貴也】
トマス杯に出場する日本代表メンバー【写真:平野貴也】

ライバルは中国、シングルス2番手の奥原「女子の目標は、優勝。達成できると思う」

 第2ダブルスとなる「タカマツ」ペアの高橋礼は「第1ダブルスと第2ダブルスで力に差がある国もあると思う。ランクが下の選手を相手に力を出す試合は、個人戦とは違うプレッシャーがかかると思うけど、今は楽しみで仕方がない」と、今までとは異なる役割に前向きな姿勢を示した。シングルスとダブルスで2番手に世界王者が登場するラインナップは強力だ。シングルスは世界ランク2位の山口茜(再春館製薬所)が1番手、2017年世界選手権優勝の奥原希望(日本ユニシス)が2番手となる。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 奥原は「女子の目標は、優勝。頑張れば、達成できると思う。第2シングルスという重要なポジションで、持ち味である粘りのあるプレーを出せたら良いと思っている」と意気込みを語った。また、負傷からの復調具合が気にかかるヒザの状態についても「以前はできた動きがまだできないもどかしさはあるけど、少しずつ感覚は良くなって来ている。ユーバー杯までには、自信を持ってコートに立てるのかなと思っている。ヒザは、今まで怖かった寝返りを、自信を持ってできるようになった」と笑顔で話し、復調をアピールした。

 日本女子の最大のライバルは、最多14度の優勝を誇る中国だ。最強の陣容で宿敵を破り、1980~81年の第9回大会以来、18大会ぶり6度目となる優勝を果たせるか注目だ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集