[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也が米記者のハート鷲掴み また爆笑させた「春季キャンプで驚いたこと」の答え

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は4日(日本時間5日)、ホワイトソックスとのオープン戦に「6番・右翼」で出場。3打数2安打1打点と結果を残した。またインタビューでも爆笑を誘い、米記者たちのハートを鷲掴みにしている。

ホワイトソックス戦で得点し、ジョニー・ワシントン打撃コーチと喜ぶカブスの鈴木誠也選手【写真:AP】
ホワイトソックス戦で得点し、ジョニー・ワシントン打撃コーチと喜ぶカブスの鈴木誠也選手【写真:AP】

ホワイトソックス戦ではOP戦初のマルチ安打を記録

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は4日(日本時間5日)、ホワイトソックスとのオープン戦に「6番・右翼」で出場。3打数2安打1打点と結果を残した。またインタビューでも爆笑を誘い、米記者たちのハートを鷲掴みにしている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 オープン戦初となる複数安打を記録した鈴木。7日(同8日)の開幕に向け調子を上げてきた。囲み取材では、米記者から「春季キャンプで何か驚いたことは?」と質問された背番号27。その回答に注目が集まっている。

 首を傾げ、なかなか答えが思い付かなかった鈴木。じっくり考えた上で、「練習の短さ」と答えた。通訳が翻訳すると、米記者たちは思わず爆笑。「監督にもう少し長くしてもらいますか?」と米記者が続けると、27歳は首を横に振り「こっちの方が好き」と笑顔で回答した。

 MLB公式サイトのカブス番、ジョーダン・バスティアン記者が実際のインタビュー映像を自身のツイッターに公開。するとカブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」は「この男は面白い」と反応していた。

 入団会見でも背番号27を選んだ理由を問われ、「マイク・トラウト、アイ・ラブ・ユー」と答え、会見場を笑いに包んだ日本人ルーキー。記者たちからの人気ぶりは相変わらずのようだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集