[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外競馬で笑撃のハプニング発生 最後1頭ゲート入り前に発走、「究極のポツン」状態に

海外競馬で前代未聞のハプニングが起きた。なんと全馬のゲート入り完了前にゲートが開いて発走。1頭が取り残された。海外メディアが報じると、世界の競馬ファンが「置いてけぼり事件発生」「残された人馬 ポカーンとしとる」と目を丸くしている。

海外競馬で全馬のゲート入り完了前にゲートが開いて発走しまうハプニングが発生した(画像はイメージです)
海外競馬で全馬のゲート入り完了前にゲートが開いて発走しまうハプニングが発生した(画像はイメージです)

フランス競馬で前代未聞の珍事、海外ファンも「40年競馬を見てきて初めてだ」

 海外競馬で前代未聞のハプニングが起きた。なんと全馬のゲート入り完了前にゲートが開いて発走。1頭が取り残された。海外メディアが報じると、世界の競馬ファンが「置いてけぼり事件発生」「残された人馬 ポカーンとしとる」と目を丸くしている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさかのシーンが起きたのは、1日にボルドー・ル・ブスカ競馬場で行われた9頭立てのレース。8頭がゲートに入り、最後の1頭、ルデュクがゲート直前まで来た直後だ。「ガシャン」という音とともに8頭が勢い良くスタート。なんとゲートが開いてしまったのだ。ルデュクと騎手はゲート前で立ち止まり、ポツンと立ち尽くした。結局、コース上の係員によってすぐに止められ、再発走に。ルデュクは5着となったが、スターターは生きた心地がしなかっただろう。

 めったに見られない珍ハプニングの瞬間を英専門メディア「アット・ザ・レーシーズ」公式ツイッターが公開。「ボルドーのスターターにとっては、長い1週間だったに違いない」とジョークを交え、伝えた。海外ファンからも「すごく笑った」「良いね、面白い」「40年競馬を見てきて初めてだ」「大爆笑のフランスレース」などの声が上がったが、日本でも話題になった。

 多くの日本人ファンから反応が相次ぎ、投稿には「置いてけぼり事件発生」「これは珍事」「こんな事あるんだ!!」「こんなの笑うしかないわ」「新手のドッキリみたい」との驚きの声。残されたルデュクについても「置いてかれた人馬 ポカーンとしとる」「究極のポツン」「残された1頭可哀想…」「俺まで入ってないよ+置いてきぼり感がめっちゃ伝わる」とリアクションに注目が集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集