[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、打率.111でもカブス4人が称賛のワケ「ファウルにできる」「場外弾も見た」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は7日(日本時間8日)の開幕に向け、オープン戦で調整している。30日(日本時間31日)には11打席目で待望のOP戦初安打を初本塁打で記録。ここまで打率.111と決して好調は言えないが、同僚は心配していないようだ。米メディアが報じた。

カブスの鈴木誠也【写真:AP】
カブスの鈴木誠也【写真:AP】

監督も打撃技術に太鼓判「外角を追い過ぎない」

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は7日(日本時間8日)の開幕に向け、オープン戦で調整している。30日(日本時間31日)には11打席目で待望のOP戦初安打を初本塁打で記録。ここまで打率.111と決して好調は言えないが、同僚は心配していないようだ。米メディアが報じた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

「セイヤ・スズキはカブスのクラブハウスの心を掴んだ 次はバットで印象を残す番」との見出しで記事を掲載したのは、米スポーツメディア「スポーティング・ニュース」だった。記事では、米国でも話題となった入団会見がチーム内でも好評だったことを伝え、フランク・シュウィンデル内野手は「マイク・トラウトに関するコメントだけでも爆笑したよ」と話したという。

 その人柄で、早くも同僚の懐に飛び込んだ鈴木だが、オープン戦ではここまで9打席1安打2打点の打率.111。しかし実戦形式の「ライブBP」を間近で見ている同僚からの信頼は勝ち取っているようだ。記事で、シュウィンデルは「彼はどんな球も打ってる。場外弾も見たよ」と明かしたほか、ニック・マドリガル内野手はこのように称賛したという。

「楽にスイングする。かなりコントロールされているけどボールは弾け飛ぶ。そんなにみられるものじゃない。とてもいいアプローチだし、自分のやっていることが分かっている。ここまでいい感じだよ」

 クリント・フレイジャー外野手は「パワーが突出している」としつつ、BPでのルーティンに着目。「本塁打を狙っているだけではない。最初の数スイングはいつも右翼へのバウンドするボールを打つ。計画的でパワーだけじゃないんだ」と計算された打撃に舌を巻いていた。また、デビッド・ロス監督は「外角を追い過ぎないし、振らされても難しい球をファウルにできる」と技術に太鼓判を押していた。

 鈴木は5年総額8500万ドル(約100億円)の契約でカブスに入団。チーム内でも背番号27への期待度は高いようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集