[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、159キロで曲がる恐怖のカットボールに米震撼「これ以外投げる必要ないだろ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3月31日(日本時間4月1日)、ブルワーズとのオープン戦に「1番・投手」でスタメン出場。打っては3打数1安打1打点、投げては4回途中2安打3失点だった。この試合で投じた99マイル(約159.3キロ)で鋭く曲がる投球に米投球分析家が脚光。米ファンからは「これ以外投げる必要ない」「人生ですらこれほど不公平ではない」などと驚愕の声が上っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

オープン戦に登板、4回途中3失点

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3月31日(日本時間4月1日)、ブルワーズとのオープン戦に「1番・投手」でスタメン出場。打っては3打数1安打1打点、投げては4回途中2安打3失点だった。この試合で投じた99マイル(約159.3キロ)で鋭く曲がる投球に米投球分析家が脚光。米ファンからは「これ以外投げる必要ない」「人生ですらこれほど不公平ではない」などと驚愕の声が上っている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 この日は初回に2点二塁打を浴びるなど、3失点した大谷。それでも力のある速球とキレのある変化球を投げ込み、今月7日(同8日)の開幕アストロズ戦に向けた調整登板を終えた。この試合、右打者レンフローに投じた“カットボール”に衝撃が走った。

 セットポジションから外角に投げ込んだボールは、速球のようなスピードでありながらも外に逃げるように変化。レンフローのバットは空を切った。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏はツイッターで「ショウヘイ・オオタニ、99マイル(約159キロ)のカットする速球」と紹介した。

 バッターには脅威となる投球。米ファンからは「これは恐ろしい」「もはやフェアじゃない」「これ以外投げる必要ないだろ」「人生ですらこれほど不公平ではない」「こんなの可能なのか」「何だこれ」「現実離れしてるよ」などとコメントが書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集