[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1フェルスタッペン、痛恨マシントラブルに無線で怒り爆発「なんだこれは、この野郎!」

F1開幕戦バーレーンGPは20日、決勝が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは最終盤にマシントラブルでリタイア。英メディアは本人はレース中に陣営に対すて怒りを爆発させたことを紹介している。

レッドブルのマックス・フェルスタッペン【写真:AP】
レッドブルのマックス・フェルスタッペン【写真:AP】

57周レースで54周目にリタイア、陣営に対して不満を露わに

 F1開幕戦バーレーンGPは20日、決勝が行われ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは最終盤にマシントラブルでリタイア。英メディアは本人はレース中に陣営に対すて怒りを爆発させたことを紹介している。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 フェルスタッペンは終始2番手を走行していたが、最後のピットストップ後にマシンの異常を訴えた。ピットに戻ったが、結局は57周のレースの54周目にリタイアという憂き目に。

 英紙「デイリースター」はフェルスタッペンの怒りに満ちたレース中の無線の内容を紹介している。「このバッテリーはどうなってるんだ?」と叫んだフェルスタッペン。「バッテリーは正常だ」と返されても「そんなわけないだろ。正常じゃない! なんだこれは。この野郎」と大荒れだった。陣営は「バッテリーは関係ない。私たちができることは何もない」と返事をしたという。

 レッドブルはレース後に燃料ポンプに異常の疑いがあるとツイートし、「タフな結果だった。完全な調査をする必要があるが、燃料ポンプに問題があるとみている」と記したことを記事では伝えている。

 まさかのノーポイントに終わったフェルスタッペン。タイトル争いにおいて痛い開幕戦となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集