[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

2001年、Jリーグの試合結果を予想するくじとして全国販売がスタートしたスポーツくじ「toto(トト)」。2006年にスタートした予想のいらないくじ「BIG(ビッグ)」。サッカーファンの間ではすっかりおなじみとなったスポーツくじ(toto・BIG)が、4月7日(土)~14日(土)の販売で開催1000回を迎えた。

「日本のすべてのスポーツのために」―スポーツくじはこうして始まった

 2001年、Jリーグの試合結果を予想するくじとして全国販売がスタートしたスポーツくじ「toto(トト)」。2006年にスタートした予想のいらないくじ「BIG(ビッグ)」。サッカーファンの間ではすっかりおなじみとなったスポーツくじ(toto・BIG)が、4月7日(土)~14日(土)の販売で開催1000回を迎えた。

「toto(トト)」や「BIG(ビッグ)」の呼び名がすっかり定着したスポーツくじだが、正式名称は「スポーツ振興くじ」。その名のとおり、日本のスポーツ振興を図るため、新たな財源確保を目的としてスタートした。以来、スポーツくじの収益は、日本のスポーツ振興を目的とする様々なスポーツ活動に助成金として活用されている。

 しかし、普段からスポーツくじを購入していても、その収益がどのように使われているのか意識していない人も多いだろう。「日本のすべてのスポーツのために」。こうした理念の下、スポーツくじの収益は、誰もが身近にスポーツに親しめる環境づくりから、世界の第一線で活躍する選手の発掘まで、スポーツの振興を目的とする事業に対し幅広く使われているのだ。

国際大会の会場となる施設の整備から地域のスポーツシーンまで、収益は意外と身近で役立っている

 スポーツくじの収益は、世界大会やプロスポーツが開催されるような、大きなスタジアムの建設だけに役立てられるのではない。地域のグラウンドや体育館といった、私たちの身近にある施設に対しても活用されている。なかでも、地域のコミュニティの中心でもあるスポーツ施設の整備や大会・イベント等への助成は、スポーツ文化の発展や、競技力の向上だけでなく、地域のスポーツの裾野を広げることに大きな役割を果たしていると言えるだろう。

 また、各地で行われている才能ある選手の発掘事業に対しての支援や、未来のトップアスリートたちを育てる環境の整備も助成の柱の一つ。今やあらゆる日本のスポーツの成長にとって、スポーツくじによる助成は欠かせない制度だ。

 さて、今では年間で1000億円を超える売上を達成し(2013年度から2017年度まで5年連続1000億円超の売上を達成)、助成財源を安定的に確保しているスポーツくじ(toto・BIG)だが、今に至るまでの道のりは、常に順調だったわけではない。

 全国でスポーツくじがスタートしたのは、ちょうど2002年日韓ワールドカップの前年。世紀のビッグイベントを控え、日本中がサッカーで盛り上がっていたことも追い風となり、スポーツくじは600億円を超える売上があった。しかし、その後5年間の売上は右肩下がりに。助成金額も非常に乏しい時期があった。

 そのような、低迷を打開すべく、スポーツくじは次々と新たな試みを実行する。

BIG導入により売上がV字回復!

 早期からインターネットでの販売を開始し、会員制度『Club toto』を開設することで利便性を向上。時間と場所を選ばず購入できることで、買い逃すことも少なくなり、スポーツくじがグッと身近になった。

 また、いろいろな楽しみ方ができるよう、くじの種類を増やし、1等最高当せん金額の引き上げを行い、くじとしての魅力をアップ。なかでも、1等最高当せん金額6億円(※キャリーオーバー発生時。通常は1等最高3億円)のくじBIGの販売開始により、スポーツくじの人気は急上昇。夢のある当せん金額に加え、コンピュータがランダムに試合結果を選択してくれる予想いらずの方式が、より多くの人の購入につながった。

 ちなみに、これまでなんと360人以上の6億円長者が誕生しているという(2006年9月~2018年3月までの累計)。これだけビッグな夢があるうえ、気軽に楽しめるのだから、BIGはくじ初心者にもおすすめだ。

2018年はロシアワールドカップでも…スポーツくじで楽しさ倍増!?

 試行錯誤の時期を経て、晴れて1000回を迎えることができたスポーツくじ。その節目となった今年、改めてサッカーの試合結果を購入者が予想するくじ(toto系商品)にも注目したい。何故なら、6月に開幕するロシアワールドカップの試合を対象としたtoto系くじの販売が予定されているという。「Jリーグの試合結果を予想するのは難しい」と、これまでチャレンジできなかった人にとっては、これこそ楽しめるチャンス。予想くじと日本代表の応援を通じ、家族や友達、会社の仲間とも、大いに盛り上がれそうだ。

 スポーツくじには、試合の勝敗を予想したり、夢を買ったりする楽しみだけでなく、日本のスポーツの成長を支える一員になれるという喜びもある。2020年に向け、競技や世代を超えて高まるスポーツ熱。スポーツくじは東京オリンピック・パラリンピックの力になるのは勿論、スポーツが築くその先の未来の日本にもつながっているのだ。

(THE ANSWER編集部)