[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「完璧なポイントガード」と指揮官も称賛 名古屋D・齋藤拓実が見せる確かな成長

バスケットボールのB1リーグで現在、得点力が最も高いチームはどこかご存知だろうか? 答えは名古屋ダイヤモンドドルフィンズだ。1月23日のレバンガ北海道戦を終えた時点の1試合平均は90.3得点。昨年度のB1王者・千葉ジェッツ(90.0得点)も上回る、22チーム中最多の数字だ。

23日の北海道戦でボールを運ぶ名古屋のポイントガード・齋藤拓実【写真提供:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】
23日の北海道戦でボールを運ぶ名古屋のポイントガード・齋藤拓実【写真提供:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ】

B1リーグ最多の得点力を誇る名古屋D、北海道に2連勝

 バスケットボールのB1リーグで現在、得点力が最も高いチームはどこかご存知だろうか? 答えは名古屋ダイヤモンドドルフィンズだ。1月23日のレバンガ北海道戦を終えた時点の1試合平均は90.3得点。昨年度のB1王者・千葉ジェッツ(90.0得点)も上回る、22チーム中最多の数字だ。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ショーン・デニスヘッドコーチ(HC)が就任した今季は、開幕からいきなり3連敗スタート。最初の10試合を5勝5敗の五分で終えるなど、シーズンの出足でややつまずいた。しかしそこから徐々にスタイルが浸透し、今は20勝8敗で西地区の2位につけている。

 北海道との連戦も90-60、89-77と連勝。26日にはアルバルク東京とのアウェイ戦が組まれている。

 ただし23日の北海道戦は第3クォーターに守備が崩れ、19点差を一時4点差にまで詰められて終盤を迎える展開だった。それは攻撃力の高さ、大差の試合が多いことによる“副作用”でもある。23日の試合後に、デニスHCはこう述べていた。

「20試合勝っていて、17試合が10点差以上。そういう試合が続くなかで、チームとして集中力の維持を学んでいかなければいけない」

 一方でポイントガードの齋藤拓実は第4クォーターだけで10得点3アシストを記録。司令塔としても試合に落ち着きを与え、流れを引き戻した。

 名古屋Dが69-65と4点差に迫られた第4クォーターの残り4分49秒。オフィシャルタイムアウトが明けると、一時はベンチに下がっていた齋藤がコートに戻る。

 デニスHCは、その後の働きをこう称賛する。

「(オフィシャルタイムアウトから)コートに戻ったあと、彼は試合をコントロールして、プレーを正しくコールしていた。素晴らしいパフォーマンスでした。(齋藤)拓実は完璧(コンプリート)なポイントガードだと思います」

 齋藤は投入直後にコティ・クラーク、中東泰斗へのアシストパスを通すと、残り3分5秒には味方のスティールからレイアップを沈める。75-65と一気に点差がついていた。

 彼はさらに相手のアンスポーツマンライクファウルを誘う高速ドライブ、フローターと勝負どころで自由自在のオフェンスを見せる。4点差が5分足らずで12点差に広がっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集