[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

安楽死のスノーフォールを惜別 16馬身差V導いた名騎手「あんな勝利はもうないだろう」

昨年6月の海外競馬、G1英オークス(芝2410メートル)でレース史上最大着差となる16馬身差の圧勝を記録した日本生まれのディープインパクト産駒スノーフォール(牝4、A.オブライエン)が11日、安楽死したと英専門紙「レーシングポスト」が報じた。同レースで手綱を取ったランフランコ・デットーリ騎手は「彼女ほど楽な馬はいなかった」などと惜別のコメントを送っている。

昨年の英オークスを制覇したスノーフォールとデットーリ騎手【写真:Getty Images】
昨年の英オークスを制覇したスノーフォールとデットーリ騎手【写真:Getty Images】

英オークス制したデットーリが賛辞「ただただ素晴らしかった」

 昨年6月の海外競馬、G1英オークス(芝2410メートル)でレース史上最大着差となる16馬身差の圧勝を記録した日本生まれのディープインパクト産駒スノーフォール(牝4、A.オブライエン)が11日、安楽死したと英専門紙「レーシングポスト」が報じた。同レースで手綱を取ったランフランコ・デットーリ騎手は「彼女ほど楽な馬はいなかった」などと惜別のコメントを送っている。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 圧巻の快挙だった。14頭立てで3歳牝馬最強を争うレース。中団でしっかりと折り合ったスノーフォールは直線を向くと、鞍上のデットーリは抜群の手応えのまま先団を飲み込んだ。満を持してムチが入ると鋭く反応。あっという間に先頭に立ち、後続をぐんぐん突き放してゴール。なんと、16馬身差の勝利だった。

「レーシングポスト」はスノーフォールの安楽死を伝えた記事の中で、デットーリのコメントも紹介。英オークス後の言葉を繰り返すように「21頭の英クラシック王者に乗ってきたけど、オークスでの彼女ほど楽だったことはない。信じられなかった。彼女はピークにあり、ただただ素晴らしかった。熱いナイフでバターを切るかのように駆け抜けたんだ」と振り返っていた。

 数々の大レースを制してきた世界的名手デットーリ。スノーフォールは名馬の中でも印象に残る存在だったようで、「今日、あんなパフォーマンスを見ることは二度とないと思う。人生であんな風にクラシックで勝利することももうないだろうね。これはみんなにとってとても悲しいこと。冥福を祈ります」と賛辞を送り、別れを惜しんでいた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集