[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のニセモノが出現 不気味すぎる姿にファン困惑「なにこれ?笑」「悪夢だ」【二刀流の衝撃2021】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は8月に出現した“ニセモノ”だ。地元メディアが大谷をモノマネするファンに注目。お面をつけ、エンゼルスのユニホームを着た姿に、米ファンは「なんだこれ?笑」「怖い」などと困惑していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「大谷翔平の名場面総集編」8月、モノマネするファンに米実況席は爆笑

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は8月に出現した“ニセモノ”だ。地元メディアが大谷をモノマネするファンに注目。お面をつけ、エンゼルスのユニホームを着た姿に、米ファンは「なんだこれ?笑」「怖い」などと困惑していた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 米実況席も笑うしかなかった。8日(日本時間9日)、試合前のドジャースタジアムでカメラが捉えたのは、お面をつけた大谷ファンだった。エンゼルスのユニホームを着用。サムアップした後、バッティングフォームも披露したが、左打席でバットを振る真似をしているだけ。あまり似ているとは言えないように感じる。その後は二刀流を表現し、投球フォームも披露していた。

 米ロサンゼルスのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが映像を投稿。「彼はどこにでもいる」と文面に記すと、現地ファンからは「悪夢だ」「不気味」「この人はスタメンにはいない」「怖い」「なんだこれ?笑」「テキサスにもいた」などと困惑する声が上がっている。

 同局の解説を務めた元MLB投手、マーク・グビザ氏も「これはオオタニ? それともミニタニ?」とコメントしていた。日本のファンも「精度低め笑」などとSNSで反応していた。今季旋風を巻き起こした大谷。そのインパクトは“ニセモノ”まで出現するほどだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集