[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のMVP阻止には「打率5割必要」 被弾した一流投手2人がまさかの“条件”設定

米大リーグで今季ア・リーグMVPを獲得したエンゼルスの大谷翔平投手。今季野手としては46本塁打を放ったが、被弾経験のある2人の一流投手が活躍ぶりを絶賛した。今後の継続的なMVP受賞の可能性にも言及し、今季ライバルとされたブラディミール・ゲレーロJr.内野手(ブルージェイズ)がMVPを受賞するための高難度な“条件”にも言及した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

今季、開幕投手を務めた2投手がポッドキャスト番組に出演

 米大リーグで今季ア・リーグMVPを獲得したエンゼルスの大谷翔平投手。今季野手としては46本塁打を放ったが、被弾経験のある2人の一流投手が活躍ぶりを絶賛した。今後の継続的なMVP受賞の可能性にも言及し、今季ライバルとされたブラディミール・ゲレーロJr.内野手(ブルージェイズ)がMVPを受賞するための高難度な“条件”にも言及した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 米メディア「ジョムボーイ・メディア」のポッドキャスト番組「クリス・ローズ・ローテーション」に登場したのは、ルーカス・ジオリト投手(ホワイトソックス)とタイラー・グラスノー投手(レイズ)。大谷にバックスクリーンに運ばれた経験を持つ2人は、背番号17の今後の継続的なMVP受賞の可能性について言及した。

 ジオリトが「彼に特大弾を打たれたからね。確か2本」と語ると、グラスノーも反応し「俺もだよ! ルーカス、そうだよな!」と意気投合した様子。ノーヒットノーラン経験のあるジオリトは「今後も毎年MVPを獲得していくだろう。だって両方できるからね」と太鼓判を押した。

 グラスノーも「もし20先発で防御率4点台、打率.270、本塁打30本だったとしても彼の価値に勝る選手なんているか? 誰もいない。ゲレーロJr.だってMVPは取れない」と大谷を絶賛した。

 ジオリトは「(ゲレーロJr.は)4割打たないと」と付け加えると、グラスノーは「いや、もしかすると打率5割は必要だ。彼は投げられないんだ。クレイジーなことだよ」と続け、ライバル打者がMVPを受賞するために必要なまさかの“条件”を設定した。今季、選手間投票によるMVPも獲得した大谷。開幕投手を務めた2投手からも最大級の評価を受けていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集