[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米102歳ゴルファー、怒りの“クラブ投げつけ”に逆に称賛「こんな男になりたい」

米ゴルフで102歳のゴルファーが再び脚光を浴びている。米メディアが動画を公開。悔しくてクラブを放り投げる姿に対し、フォロワーから「こんな男になりたい」「人生の目標だ」とコメントが相次いでいる。

米国でゴルフをする102歳の男性に再び脚光(写真はイメージ)
米国でゴルフをする102歳の男性に再び脚光(写真はイメージ)

米102歳男性の取った行動に注目「親近感凄い」

 米ゴルフで102歳のゴルファーが再び脚光を浴びている。米メディアが動画を公開。悔しくてクラブを放り投げる姿に対し、フォロワーから「こんな男になりたい」「人生の目標だ」とコメントが相次いでいる。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ゴルフにおいて、正しい行いではないのかもしれない。でも、いくつになっても悔しいと思えることが素晴らしい。ティーグラウンドに立つ年配の男性。セットした球をアイアンで振り抜いたが、低い弾道で目の前を転がっていったようだ。すると、突然両手で握ったクラブを頭上に振り上げ、怒りをぶつけるように地面に投げつけた。納得がいかなかったようだ。

 動画を公開した米スポーツ専門局「NBCスポーツ」公式ツイッターは、文面に「102歳。人生一度きり!」と記して投稿。年齢関係なく悔しがる様子に対し、米ファンからは「爆笑だ」「親近感凄い」「何歳になってもゴルフは不満が溜まるものなんだな」「最高」「人生の目標だ」「こんな男になりたい」と称賛を込めた声などが上がっている。

 2020年7月にも米専門メディア「ゴルフ.com」に注目された動画。当時102歳の男性「ドクター・レマク」さんについて「この102歳は、あなたと同じように悔しがる」「ゴルフは2歳や52歳、102歳でもプレーできる。年齢制限などない。明らかに、ゴルフの不満は一生モノのようだ」などと紹介していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集