[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デシャンボー、池越え417yドライバー 1人だけ規格外の比較画像に米呆然「化け物だ!」

ゴルフの米国選抜対欧州選抜の対抗戦「ライダーカップ」が24日、開幕。米国選抜がリードして初日を終えた。米国チームの屈指の飛ばし屋ブライソン・デシャンボーの規格外の一打が驚愕を呼んでいる。5番パー5では驚異の417ヤードドライブで同伴競技者を置き去りにしたが、着弾した地点をコースマップに記した画像が「狂ってる」「常軌を逸してる……!」などと米ファンを呆然とさせている。

ドライバーを振り抜くブライソン・デシャンボー【写真:AP】
ドライバーを振り抜くブライソン・デシャンボー【写真:AP】

4選手の着弾点が記された画像に「常軌を逸してる…」の声

 ゴルフの米国選抜対欧州選抜の対抗戦「ライダーカップ」が24日、開幕。米国選抜がリードして初日を終えた。米国チームの屈指の飛ばし屋ブライソン・デシャンボーの規格外の一打が驚愕を呼んでいる。5番パー5では驚異の417ヤードドライブで同伴競技者を置き去りにしたが、着弾した地点をコースマップに記した画像が「狂ってる」「常軌を逸してる……!」などと米ファンを呆然とさせている。


【注目】女子アスリートの課題を1日で学ぶオンラインイベント開催! 豪華メンバー登壇、男性指導者も歓迎…どなたでも無料で参加できるウェビナーの詳細はこちらから

 屈指の実力者がそろったライダーカップにおいても、デシャンボーのドライビングディスタンスは群を抜いている。5番パー5は、池越えの右ドッグレッグ。ペアを組んだスコッティ・シェフラー、対戦相手のジョン・ラーム(スペイン)、ティレル・ハットン(英国)はみな池越えを狙わず、フェアウェーの左サイドにボールを置いたが、デシャンボーだけは違った。

 果敢に池越えチャレンジ。そして417ヤードのビッグドライブで見事に成功させたのだ。米専門誌「ゴルフダイジェスト」公式ツイッターでは「デシャンボーが5番パー5で417ヤード飛ばした」との文面で、4選手の着弾点が描かれたコースマップの画像を投稿。デシャンボーだけほかと全く異なる軌道を描いていることがわかる。

 これに米ファンも呆然。「狂ってるよ!」「なんてこった」「試合を変える存在だ」「化け物ドライバーだ!」「常軌を逸してるね……! 重力信じてないみたいだ」「信じられない!」「とんでもないな」などと反響が集まっている。

 結局このホールは楽々イーグル。ペアでの対戦は引き分けだったが、規格外の飛距離で魅せていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集