[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ぶっ飛び147m弾が誕生 コンコースまで運んだブ軍外野手、特大37号に米実況席も驚愕

米大リーグ・ブレーブスのアダム・デュバル外野手が20日(日本時間21日)、ダイヤモンドバックス戦で衝撃の一発を放った。敵地で飛び出した飛距離483フィート(約147.2メートル)の特大37号2ランをMLBが公開。米ファンからも「宇宙まで飛んだ」「オーマイガー」と衝撃の声が上がっている。

5回に特大37号2ランを放ったブレーブスのアダム・デュバル【写真:AP】
5回に特大37号2ランを放ったブレーブスのアダム・デュバル【写真:AP】

ブレーブス・デュバルが自己最多の37号特大弾

 米大リーグ・ブレーブスのアダム・デュバル外野手が20日(日本時間21日)、ダイヤモンドバックス戦で衝撃の一発を放った。敵地で飛び出した飛距離483フィート(約147.2メートル)の特大37号2ランをMLBが公開。米ファンからも「宇宙まで飛んだ」「オーマイガー」と衝撃の声が上がっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 凄まじい飛距離だ。5回無死二塁、デュバルは真ん中付近に来た93マイル(約150キロ)をかっ飛ばした。高く上がった打球は、チェイス・フィールドの左中間最奥にあるデッキ席のコンコースまで飛んで行った。圧巻の147メートル弾。米実況席からも「ワオ!」などと驚きの声があがっている。

 実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。「アダム・デュバルの483フィート弾」と飛距離を文面に記した。驚いた米ファンからは「凄い!」「粉砕した!」「宇宙まで飛んだ」「オーマイガー」「ムーンショット」「どういうこと?」「ロケットを打ち上げた」などとコメントが書き込まれている。自身のキャリアハイである37号は現在ナ・リーグ2位。デュバルの一撃もあり、試合はブレーブスが11-4で大勝している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集