[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米笑撃の“早すぎる空振り” タイミング大外れの名手が話題「レーシックした方が…」

米大リーグ・メッツの選手が喫した空振りが、米国で注目を浴びている。24日(日本時間25日)のジャイアンツ戦、ボールがホームベースを通過するよりずいぶん早くスイングしてしまった実際の映像を米メディアが公開。タイミングが完全に外れてしまっている姿には、「何だこりゃ」「マジか」と驚きの声があがっている。

メッツのハビアー・バエズ【写真:AP】
メッツのハビアー・バエズ【写真:AP】

メッツ・バエズの空振りが米国で話題に

 米大リーグ・メッツの選手が喫した空振りが、米国で注目を浴びている。24日(日本時間25日)のジャイアンツ戦、ボールがホームベースを通過するよりずいぶん早くスイングしてしまった実際の映像を米メディアが公開。タイミングが完全に外れてしまっている姿には、「何だこりゃ」「マジか」と驚きの声があがっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 スローで見ると、より明らかだ。注目されているのはメッツの内野手ハビアー・バエズ。華麗なプレーで魅せる名手だが、ジャイアンツ戦の2回の打席では相手投手ロングのチェンジアップにタイミングが合わなかった。ボールがホームベースに到達する前に、大きく空振り。バットとの距離はかなり大きく、フォロースルーに入ってから球がミットに収まるほどだった。

 この打席は四球を選んだバエズだが、衝撃的な空振りが米国で話題となっているようだ。複数の米メディアが実際の映像をSNSに公開。米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」の野球専門公式ツイッター「BRウォークオフ」の投稿には、米ファンから「マジか」「もうちょっとだったね」「あらら」「際どかった」「レーシックした方がいいんじゃない(笑)」「バット振ってなおキャッチする時間あったな」「何だこりゃ」などと反響が寄せられていた。

 試合は0-8でメッツが敗戦。18年打点王、20年ゴールドグラブ賞など実績あるバエズから空振りを奪ったジャイアンツのロングは6回途中3安打無失点で、メジャー2勝目を記録している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集