[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平はMVP+サイ・ヤング賞なるか 米メディア検証「信じ難い現象見慣れてきた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季メジャートップの40本塁打、88打点、投手としても8勝1敗、防御率2.79と大活躍している。ア・リーグMVPは本命視されている二刀流はサイ・ヤング賞候補にも名前が挙がっている。ダブル受賞の偉業はなるのか。米メディアが占っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「スポルティングニュース」が検証、MVPは「確定」もサイ・ヤング賞は…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季メジャートップの40本塁打、88打点、投手としても8勝1敗、防御率2.79と大活躍している。ア・リーグMVPは本命視されている二刀流はサイ・ヤング賞候補にも名前が挙がっている。ダブル受賞の偉業はなるのか。米メディアが占っている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

「ア・リーグMVP最有力候補のショウヘイ・オオタニはサイ・ヤング賞も受賞できるのか?」と特集したのは。米スポーツ専門メディア「スポルティングニュース」だった。まず、今季二刀流で躍動を続ける大谷について「現時点でショウヘイ・オオタニは基本的にア・リーグMVPを確定させている」と指摘している。

 三冠王を狙うブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手も大活躍しているが、「オオタニの投手としての成績で、不公平な競争と化している」と分析。その先のMVPとサイ・ヤング賞のダブル受賞の可能性を占い、「ダブル受賞を考えることはそこまでクレイジーな話ではない。現時点で最有力候補ではないが、シーズン残り1か月あまりで(ライバルに)肉薄している」と快挙の可能性は残されている、としている。

 データでも投手・大谷の能力は証明されており、選手の貢献度を示す指標「bWAR」で3.8。ロビー・レイ(ブルージェイズ)の5.2、ゲリット・コール(ヤンキース)の4.9、ランス・リンの4.5、カルロス・ロドン(ともにホワイトソックス)が3.9に続く5番目という。大谷のオールスター後の活躍も評価の対象になり、5試合先発で防御率は1.36、33イニングで、被安打21、与死球4の安定感で「本当に凄すぎる」と絶賛している。

 そして、今季リーグの絶対的なライバルの不在も追い風になるという。「彼が競っているのは全盛期のカーショーでも、全盛期のシャーザーでも、全盛期のバーランダーでもない。彼はかなり良いシーズンを過ごしている、それなりの好投手と争っているに過ぎないのだ」と指摘。大谷がサイ・ヤング賞を争うのはメジャーを代表するエース級ではないと分析している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集