[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、40号でバットボーイとハイタッチ ネット上も興味津々「面白すぎ」「粋だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、タイガース戦で「1番・指名打者」で先発し、3打数2安打1打点、2四球を選び計4度出塁。チームの13-10での逆転勝利に貢献した。18日(同19日)の同戦では「1番・投手」で出場し、40号弾&8勝目を挙げた。40号を放ち、三塁を回って生還する直前にはなんとバットボーイとハイタッチ。これに米ファンは笑撃を受けていたが、日本のファンも「この試合のハイライト」「日本でもあれば面白いのに」などとテレビ越しに注目していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

40号で生還直前の珍光景、日本のファンも「この試合のハイライト」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、タイガース戦で「1番・指名打者」で先発し、3打数2安打1打点、2四球を選び計4度出塁。チームの13-10での逆転勝利に貢献した。18日(同19日)の同戦では「1番・投手」で出場し、40号弾&8勝目を挙げた。40号を放ち、三塁を回って生還する直前にはなんとバットボーイとハイタッチ。これに米ファンは笑撃を受けていたが、日本のファンも「この試合のハイライト」「日本でもあれば面白いのに」などとテレビ越しに注目していた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 実に自然だった。8回無死、右翼席へ特大の40号を放った大谷はゆっくりとダイヤモンドを回る。そして三塁を蹴って本塁へ向かうその途中だ。出迎えるように立っていたバッドボーイの求めに応えてハイタッチ。そして生還を果たした。

 敵地のバッドボーイまでが、まるでチームの一員のようだ。MLBに写真を提供しているカメラマンのマシュー・デレオン氏が自身のツイッターで三塁側の客席から撮影した映像を投稿。バットボーイとハイタッチする瞬間がはっきりと収められている。

 この投稿に米ファンは「タイガースのバットボーイがハイタッチしている」などと反応していたが、日本のファンもSNS上で「この試合のハイライト」「日本でもあれば面白いのに」「今日もハイタッチしてましたね」「面白すぎ」「粋だねぇ」などと注目を寄せていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集