[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ビックリさせた相手投手を気遣う 強烈ヒット後の“サイン送り合い”が話題

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地アストロズ戦に「1番・DH」で出場。初回に39号先頭打者本塁打を放った。続く第2打席では強烈なピッチャー返しで中前打を記録。一塁では驚かせてしまった相手投手のルイス・ガルシアを気遣ったが、ガルシアも親指を立てたサインで応えるシーンがあった。実際の映像を米メディアが公開している。

第2打席に中前打を放つ大谷翔平【写真:AP】
第2打席に中前打を放つ大谷翔平【写真:AP】

アストロズ戦に「1番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地アストロズ戦に「1番・DH」で出場。初回に39号先頭打者本塁打を放った。続く第2打席では強烈なピッチャー返しで中前打を記録。一塁では驚かせてしまった相手投手のルイス・ガルシアを気遣ったが、ガルシアも親指を立てたサインで応えるシーンがあった。実際の映像を米メディアが公開している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 強烈な打球を放った後、すぐに相手を思いやった。3回無死の第2打席、大谷は中前に強烈な一打を放つ。投手を襲うような一撃で、ビックリしたガルシアはしゃがみこんで回避した。大谷も一塁に向かいながら、当たらなかったことを安堵するように口を開く。一塁に達するとガルシアへ何かサインを送ったようだ。これにガルシアも応え、サムアップポーズをしていた。

 実際の映像を米ロサンゼルス地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが「ショウヘイとルイス・ガルシアのこのやりとり」と文面に記して公開。同局で解説をしているマーク・グビザ氏は動画内で「彼(大谷)はマウンド上にいる時のピッチャー返しがどんなものか知っていますからね」と語った。

 日本のファンからは「こういう選手間のやり取り、心が洗われる…」「危ないって思ってるところがもう、大谷翔平」「強烈なセンター前」などとコメントが寄せられている。大谷は5打数2安打1打点で11試合ぶりのマルチ安打を記録。チームは2-8で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集