[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“魔球”に米記者感嘆 「エゲツないスライダー」のようなスプリットに脚光

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地・ブルージェイズ戦に「1番・投手」で二刀流出場。6回3安打2失点、6奪三振と好投し、今季7勝目を手にした。防御率は2.93。米記者は初回、先頭打者を空振り三振に仕留めた“魔球”に注目。「エゲツないスライダー」として動画付きで紹介している。

6回2失点と好投し、今季7勝目を手にしたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
6回2失点と好投し、今季7勝目を手にしたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

初回スプリンガー仕留めた変化球に注目

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、本拠地・ブルージェイズ戦に「1番・投手」で二刀流出場。6回3安打2失点、6奪三振と好投し、今季7勝目を手にした。防御率は2.93。米記者は初回、先頭打者を空振り三振に仕留めた“魔球”に注目。「エゲツないスライダー」として動画付きで紹介している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 初回から抜群だった。大谷は先頭のスプリンガーを2球で追い込むと、3球勝負だ。落差のある変化球を振らせた。これに注目したのは米地元紙「サンダスキー・レジスター」のビリー・ハイエン記者だ。

 自身のツイッターで「38本塁打のショウヘイ・オオタニはエゲツないスライダーを投じた」と記して動画付きで投稿した。

 だが、この1球はMLB公式サイトによるとスプリットだ。映像を確認しても確かにボールを挟んでいる。米記者も一瞬、見まがうような変化球だったようだ。

 また米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者も「ショウヘイ・オオタニはスプリンガーをエグいスプリットで三振に打ち取り、今夜の登板をスタートさせた」とツイート。立ち上がりでいきなり魅せた、落差十分の1球が脚光を浴びている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集