[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が38号 48打席ぶり復活弾に大歓声、米記者「控えめに言って凄まじい打球音」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地ブルージェイズ戦で「1番・指名打者」で先発し、14試合ぶりの38号2ランを放った。球団公式ツイッターが動画を公開。米記者は「控えめに言っても凄まじい打球音」などとつづっている。

14試合ぶりの38号2ランを放った大谷翔平【写真:AP】
14試合ぶりの38号2ランを放った大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平38号の打球音に注目

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地ブルージェイズ戦で「1番・指名打者」で先発し、14試合ぶりの38号2ランを放った。球団公式ツイッターが動画を公開。米記者は「控えめに言っても凄まじい打球音」などとつづっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 苦しんでいた大谷が久々にアーチをかけた。0-2の3回1死一塁。低めの変化球をすくいあげた。ぐんぐん伸びた打球は中越えの同点2ラン。誰もが待っていた一撃に大歓声だ。ゆっくりとダイアモンドを一周。試合前まで今季最長の13試合46打席連続ノーアーチだったが、この日2打席目に豪快な一発を放ち、48打席ぶりの快音となった。

 待望の一発に米記者はツイッターで続々と速報している。米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のパトリック・オニール記者は「オオタニの本塁打は音が違う。打球を目で追う必要もない。38号を放った」と投稿。野球専門誌「ベースボール・アメリカ」のカイル・グレイザー記者は「控えめに言っても凄まじい打球音だった。ビーチにいても聞こえてくる音だ」と驚きを表現した。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「ここ2週間で初めてのアーチ。打球速度は105.6マイル(約169.95キロ)で飛距離は413フィート(約125.88メートル)」と説明している。

 本塁打王を争うブラディミール・ゲレーロJr.内野手との“直接対決”。ライバルの前で3本差に広げて見せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集