[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、37号被弾で生まれた敵投手の失意のポーズ 日米話題「そらこうなるわ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地ロッキーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。4回に2戦連発となる37号3ランを放つなど、3打数2安打3打点だった。打った瞬間、マウンド上の投手も膝を地面につけてスタンドインを確信。ガックリしたポーズの写真を米識者が自身のSNSに公開し、話題となっている。

37号3ランを放ち、打球を見つめる大谷翔平【写真:AP】
37号3ランを放ち、打球を見つめる大谷翔平【写真:AP】

ロッキーズ戦、37号を浴びた相手投手のリアクションが話題に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、本拠地ロッキーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。4回に2戦連発となる37号3ランを放つなど、3打数2安打3打点だった。打った瞬間、マウンド上の投手も膝を地面につけてスタンドインを確信。ガックリしたポーズの写真を米識者が自身のSNSに公開し、話題となっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 無慈悲な大谷の凄さを象徴するシーンだ。4回2死一、二塁。大谷が真ん中付近の球を強振。打球はあっという間に右翼席に消えた。柵越えを確信し、バットを投げる大谷とは対照的だったのはマウンド上の右腕ティノコだ。打球の行方を見つめ、ガックリと左膝をマウンドにつけ、崩れ落ちた。

 被弾直後のティノコの画像をツイッターに公開していたのが、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏だ。文面には「ショウヘイ・オオタニが打った後の投手」と泣き笑いする絵文字付きでつづっている。日米のファンからは「苦痛だ」「そらこうなるわ」「彼はオオタニに対して2度と投げないだろうね」「膝から崩れ落ちるとはこの事か」などと反響が寄せられていた。

 大谷のMLBトップを独走する37号もあり、エンゼルスは8-7で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集